補足記事

【占い師が教える】占いを信じるべきタイミング3選|効果が出るかは自分次第

個人的に「占いは信じる、信じないというものではない!」という意見です。

ただ「まぁ、こういうときなら信じてみても良いんじゃない?」というタイミングがあるので、それについて書いてみたいと思います。

ちなみにこれは信じた方が良い!という話ではないので、それを先に書いておきます。

占いは信じるべきタイミング3選

 

個人的に占いを信じるべきだと思うタイミングは以下の通り。

  • 何も予定がないとき
  • 良いことが起こると言われたとき
  • 良くないことが起こると言われたとき

それぞれ解説します。

何も予定がないとき

 

個人的に何も予定がないときは信じた方がむしろ良いと思ってるタイプです。

なぜなら何も予定がないから。

例えば、来週の日曜日に何も予定がなかったとします。そこでたまたま占いの結果で「来週の日曜日は○○に出かけると良い出会いがあるかもしれない!」と出たら行く方が良いと思ってます。

だって何もしないでぼーっとするより、良い出会いが少しでもある方が自分にとって楽しい生活になると思うから。※私はぼーっと過ごすのも好きですけどね。

占い的に言えば、こういう「○○した方が良いですよ」系の結果はよく出てくると思うんですけど、何も予定がないならその結果を信じてみるのは悪くないかなと。

良いことが起こると言われたとき

 

占いの結果で良いことが起こると言われたときはむしろ信じた方が良いと思ってます。

なぜなら良いことが起こる可能性が高いから。

基本的に占いをしてもらう人って「何か良いことを望んでいる」と思うんですよね。つまりは何かポジティブになれそうなものを貰いに行くイメージですよね。

その結果が「良いことが起こる」というポジティブな内容だったなら信じた方がなんか得しそうじゃないですか。

だから私は良いことが起こると言われたとき、むしろ信じた方が良い寄りの意見を持ってます。

良くないことが起こると言われたとき

 

良くないことが起こると言われたときも同様に、信じた方が良いと思ってるタイプです。

なぜなら良くないことが起こる可能性が高いと思うから。

当然、占いの結果は良いことばかりではなく、良くないことも出てきます。それを占い師がどう伝えるのか?は分からないですけど、少なくとも自分にとってあまり良いことではないと感じるならむしろそれを信じた方が良いかなと。

だって信じれば避けられる可能性が高いから。

よく「占いは良い結果だけを信じる!」という人がいますけど、占いをやってる私側の意見としては「いや、むしろ良くない方に耳を傾けてほしい。」と思ってたりします。

まぁどう考えるか?というのは本人が決めれば良いことなので「絶対信じて!」とは言えないし、そもそも占いなので外れることも全然あるので伝え方も難しいんですけどね。

一応の話として覚えておきましょう。

→占い 悪い結果 信じない

 

なぜ「占いを信じるべき!」と言えないのか?

 

上に紹介した3つのタイミングを見ると「え、それって全部じゃん。」と思いますよね。ということはつまり「占いを信じるべきだ!」という意見を持っていると思いますよね。

でも私は「占いを信じるべきだ!」とは思いません。

なぜなら占いであって事実ではないから。

そもそもな話として、科学的根拠がない占いを信じるべき!なんて言うわけがなくて、一番大事なのは「本人がどうしたいか?」なんですよ。

占いで良い結果、悪い結果が出たとしても本人が「いや、こうしたい!」と考えるならその想いに従った方が人生的には絶対良いです。仮に悪い結果になったとしても「まぁ自分が決めたことだし。」と思えますよね。

でも、基本的にその逆はないんです。

「あのとき占いを信じておけば…。」となることはまぁほぼないです。

この記事では一応「信じるべきタイミング」として紹介してるし、一見すると全部信じた方が良いっぽい感じになってますけど、そういうわけではないと一応書いておきます。

ちなみに、私が占いをやってるのは占いが面白いと思うから。

そして途中にほとんどないと書いた「あのとき占いを信じておけば…。」という経験をしたのも1つの理由。

どうやら私の場合、占いの結果がわりと自分に影響するっぽいので、私は占いの情報をわりと参考にしてたりします。それでも信じてるわけじゃないですけどね。

【注意】その占い師がちゃんと占っているかは不明

 

最後におまけの話。

一応、占いを信じるべきタイミングというのがあるとは思ってますけど、その占い師がちゃんと占ってるかは別問題です。

言い換えると、適当に言ってるだけという可能性があるということ。

例えば、結婚のタイミングを聞いたとき「あぁ、○○年が良いですね。それ以外は結婚のタイミングとしては悪いので避けた方が良いです。」と言われたとします。

でも、その占い師が本当に占っているか?というのは占ってもらう側からは分かりません。当然、科学的根拠がない占いなので「それは間違っている!」と言うこともできません。

ちゃんと勉強してる占い師であれば「あぁ、その結果はちょっと違うかもなぁ…。」と判断できますけど、それならそもそも自分で占っちゃうのでそんな状況には多分なりません。

なので、目の前の占い師が本当にちゃんとした占い師なのか?は最初にチェックした方が良いです。

それが分からないということであれば、占いをしない方が良いと思います。

最近は特に副業で占いをするのが流行ってて、占いを始めた瞬間からガッツリ占いをしてる人もいたりします。

センスや霊感みたいなものがあるならいけるのかもしれないですけど、まぁ適当すぎる感じになる可能性は高いので注意した方が良いですね。

※占い的には「最悪」なのに、とある占い師の占い結果が「最高」となることもあるし、それによっていろいろめんどくさいことになったりもするので。タロットカードなんてまさにそれですよね。

ちなみに占い業界では「相談内容をテンプレで返す」というのがあったりします。

当然、悩みや相談は人によって違うわけですけど、その回答がテンプレで返ってくることはまぁおかしな話ですよね。

大枠として言うことが決まっているということはあるものの、テンプレで返せるわけはないと思ってるので、その辺は注意した方が良いかなと。

まとめ

 

占いを信じるべきタイミングについて書いてみました。

まとめると「占いを信じるべきタイミングは、何も予定がないとき、良いことがあると言われたとき、良くないことが起こると言われたとき。」ということ。

信じるべきタイミングと書いたものの、絶対に信じるべきタイミングではないし、どうするかは本当に自分次第。

でも、自分次第ならそもそも占いなんてしなくて良いと思ってるし、自分で道を切り開ける人だと思います。

なのでそういう人からすると、そもそも占いを信じるべきタイミングなんて存在しないのかな?とも思います。

今回の話は一応「占いをしてもらう前提」なんですけど、大前提として占いをしてもらう必要なんてない!というのがあるので、それは覚えておきましょう。

※ちなみに途中にも書いたんですけど、私はわりと信じる寄りかなと。占いをやっているからというのもあるし、プラスなことはよりプラスにした方が良い、マイナスなことは避けつつプラスにもっていけるほうが良いと思ってるタイプなので、信じてる率はわりと高いかもしれないです。(…参考にしてるという表現が正しい。)

まぁ、完全に信じてるわけじゃないし「占いは信じます!」というつもりはないですけどね。

占いに関する記事まとめ

占いに関する記事まとめ占いに関する記事をまとめてみました。 「占いなんて!」とか思う人が大半だと思うんですけど「お?」となる人もいるかもしれないので、興...