補足記事

占いが当たらない人の特徴5選!~当たらない原因は自分にある?~

占いは当たる人と当たらない人がいます。

今回は占いが当たらない人の特徴を5つ紹介します。

もし占いに興味があるなら「自分は当てはまっているかどうか?」をチェックしてみてください。

占いが当たらない人の特徴5選

 

占いが当たらない人の特徴は以下の通り。

  • そもそも占いを疑っている
  • 占いの結果を聞いても行動しない
  • 占いの結果を真に受けている
  • 占い師ならみんな同じだと思ってる
  • 占い師を試そうとしてる

それぞれ解説します。

 

そもそも占いを疑っている

 

そもそもな話で、占いを疑っている人は当たらないと思います。

これは「占いを信じろ!」というわけではないんですけど、疑っている人と少しでも乗り気な人であれば後者の方が当たる可能性は高いわけです。

考え方とか行動とかいろいろ含めて。

なので、占いを疑っている人とか批判的な見方をする人はあんまり当たらないかなと。ただ占い結果を聞けば良いというわけじゃないのでね。

占いの結果を聞いても行動しない

 

上の話と似てるんですけど、占いの結果を聞いても何も行動しない人は当たらないと思います。

なぜなら占いは行動のきっかけ作りだから。

占ってもらったら何かが変わる!というわけじゃなくて、その後に何かしらの行動をするからこそ良いことが起こったり、悪いことを避けられたりします。

なので占いの結果を聞いても行動しない人は占いは当たらないことが圧倒的に多いです。

占いが当たらない人は大体このパターン。

個人的に「まぁ別に好きにすれば良いと思う。」というのはあるんですけど、せっかく高いお金を払って占ってもらったなら行動した方が良いなと思うし、逆に行動しないとただお金を無駄にしてる感じがしてなんか嫌ですね。

占いの結果を真に受けている

 

占いを疑ってる人は当たらないと書きましたけど、占いの結果を真に受ける人も当たりません。

占いは情報を参考にすべきではあるものの、占いの結果を真に受けちゃだめなんですよね。

それこそテレビで毎日やっている○○占いってあるじゃないですか。(ランキングとかのやつ)。じゃあそれを毎日信じて行動したら全部その通りになるのか?と言ったらならないわけです。

これはおかしな話ですよね。だって占いの結果を疑ってないし、むしろ信じてるのに何も起こらなかったなら「信じたこと≒真に受けたこと」が当たらない原因を作ったとも言えるわけなので。

当然、完全に疑う人より真に受ける人の方が若干当たりやすいとは言えるものの、真に受けても当たるわけじゃないので、当たらない人の特徴にあてはまるのかなと。

ちなみに、個人的には占いが最も当たる人は「疑う・真に受ける」のバランスが取れてる人だと思ってます。

言い換えるなら、情報の取捨選択ができる人みたいな感じですかね。

良い意味で信じないけど、良い意味で信じてるみたいな(??)

意識しなくても当たる人ってこのバランスが物凄い自然に取れてる人な感じがします。

占い師ならみんな同じだと思ってる

 

占いをやってる人は全員占い師と言えますけど、占い師がみんな同じだと思ってる人は当たらないです。

なぜなら占い師によって全然違うから。

例えば、無名すぎる占い師と超有名占い師が同じ占いをしたとき、同じ結果になるか?と言われたら当然なりません。

無名すぎる占い師がちゃんと勉強してるなら、同じような結果になることはありますけど、占い師全員の占い結果が同じになることはないんですね。

それは占いの結果だけじゃなく、占い師が使う言葉、伝え方などが違ってくるという理由もあります。

だから占い師がみんな同じだと思ってる人は占いが当たらない人の特徴と言えるかなと。

他のことで考えると「いや、そりゃ違うでしょ。」と思えるんですけど、占いという目に見えないことを扱っている場合だとその感覚が若干おかしくなってくる感じですね。

占い師の違いが「精度」だと思ってる人は多い印象。

有名な占い師は当たる確率(≒精度)が高くて、無名な占い師は当たる確率(≒精度)が低いみたいな。

でも、それがちょっと違うんですね。

占い師なら占いをやってると思いがちですけど、実際のところ占いではなくカウンセリングになってることも多いので(特に副業占い)、その場合はもはや別カテゴリー。

もちろん精度的な話もありますけどね。

占い師を試そうとしてる

 

占い師を試そうとしてる人は多分占いが当たらないタイプの人。

「占い師ならこっちが言わなくても分かるんでしょ?」と考える人っていると思うんですけど、占い師は本当のことを言い当てる職業ではないので、これも当たらない人の特徴に該当するかなと。

ちなみに「こっちが言わなくても分かるんでしょ?」と言いまくって「分かります。」という占い師はいないはずなので、そもそも論として占い師を試そうとするのはやめた方が良いです。

時間もお金も勿体ないので。

ただ、これは占い師にも問題あるなと思ってます。

ネット広告とかでも「言わなくても全部分かります。」的な言葉ってあったりするし、そういうの見てると「…なるほど。」と思うので。

まぁどっちもどっちという感じですかね。

占いが当たらない原因の7割は自分にある説

 

個人的に占いが当たらない原因の7割は自分にあると思ってます。(数字は明確なものではないですけど、感覚値として考えるとわりと当たってるかなと。)

占いって結果を聞くだけじゃ何も変わらないんですよ。

しいていうなら「何もしないことがプラスに繋がる状況」くらいで、それ以外はほぼ全て「自分が何かしら行動しないといけない」ということになります。

でも、行動しないですよねきっと。

占いにハマってる人とか、占いが好きな人とかだと行動力はわりと高めであるものの、ほとんどの人は「所詮占いでしょ。当たるかも分からないでしょ。」みたいな感じですよね。

その考えは持っててほしいとは思いますけど、その考えでいて行動しないなら結果的に当たらないし、当てようと思わないなら占いはほぼ無駄な情報になります。

だから結論として「占いが当たらない原因の7割は自分にあると思う」ということになります。

ちなみに残りの3割が何なのか?というのは占い師側の話です。

「占いやってます!占いやります!」と言ってるのに、実際は一度作っておいた鑑定の結果みたいなものを使い回したり、スピリチュアル系の本から「誰にでも当てはまりそうな言葉」を引っ張ってきてテンプレに当てはめるとか、占いじゃなくカウンセリング的になってるとか…。

依頼者がそれでプラスになるなら別に良いと思うんですけど「占い」という点で考えたとき、これらは当たらない原因になると思うので残りの3割に入るのかなと。

できることを全部やっても占いが当たるとは限らない

 

ここまで占いが当たらない人の特徴や原因について書いてきましたけど、全ての問題をクリアにしたところで占いが当たるという保証はないです。

そもそも占いってそういうものだし、そういうものだと理解できないならそもそも占いをするべきじゃないと思ってます。

ただ、個人的な意見としては占いが当たる確率を高める方法はあると思ってるし、運や目に見えない力を味方につける方法はあると思ってます。

もちろん、だからと言って自分の願いが全て叶うなんて思ってないですけど、数ある願望の中のいくつかが叶うとするならそれで十分かなと。

当たらない原因が分かっているなら、それを少し改善してやれば当たる確率が上がるはずなので「それなら少しくらいやってみる価値はある」のかなと思ってます。

まぁどう考えるかは人それぞれですけどね。

どうせ占いをやってるなら当たる方法を知ってた方が良いし、当てる確率を高められるということは外せる確率も高められるということなので、結果的に占いがプラスなものになる気がします。

というかそもそも、占いが本当に当たらないものだったら多分やってないです。

まとめ

 

占いが当たらない人の特徴について書いてきました。

まとめると「占いを疑ってて、行動しないで、真に受けすぎてて、占いができる人みんな同じだと思ってて、占い師を試そうとしてる人は当たらないと思う。」ということ。

最後に書くことじゃないんですけど…

占いが当たらない人の特徴を5つ書いてみたものの、普通にもっとあります。なんならめちゃめちゃ重要なことはあえて書いてません。

なぜ書かなかったのか?というのは「自分で気付くことに価値があると思うから。」です。

私がここで「これが大事!」と言っても「…へ~。」と思うだけじゃないですか。

でも、いろいろ考えたとき「あぁ、もしかしたらこういうことが大事なんじゃないか?」と自分で気付ける方が結果的に自分のプラスになると思ってます。

例えるなら「勉強しなさい!」と親に言われても「嫌。」となるものの、現実的に自分が受験に受からないと知ったとき初めて「やばい。勉強しないと。」と気付けるみたいな。

特に私はいろいろ仮説&検証をしていくときに「あぁ、もしかしてこういうことなのかも。」と気付けたんですね。そのとき何かのヒントや答えのようなものを得られた気がするので、自分で気付くことは結構大事かなと。

ただ、今回紹介したものが嘘というわけではないので、一応の参考にはなると思います。

興味があれば参考にしてみてください。

…あ、ちなみに、そんなことに気付こうとする時間があるなら恋愛とか仕事を頑張る方が絶対良いと思ってるタイプなので、掘り下げるのはほどほどにしておきましょう。

なんなら掘り下げる意味はほぼないのでスルーしても全然良いです。

占いに関する記事まとめ

占いに関する記事まとめ占いに関する記事をまとめてみました。 「占いなんて!」とか思う人が大半だと思うんですけど「お?」となる人もいるかもしれないので、興...