補足記事

【占い師が教える】占いを信じるメリット3選!~デメリットも解説~

占いには科学的根拠がないし、信じる価値は基本的にはないです。

ただ、占いをやってる側からすると「まぁこれはメリットと言えそう。」というのがあるので、今回はそれについて書いてみます。

※ここで言う「信じる」は盲信するという意味ではなく、参考にするという意味です。

占いを信じるメリット3選

 

占いを信じる(参考にする)メリットは以下の通り。

  • 自己分析ができる
  • 新しい視点が手に入る
  • 不運を避ける手段を知れる

それぞれ解説します。

自己分析ができる

 

1つ目のメリットは自己分析ができるということ。

自己分析は文字通り自分の分析なわけですけど「じゃあ、自己分析やって。」と言われても何して良いか分からなくないですか?

というか、それがめちゃめちゃ難しいと理解してる人もいるはず。

私はその自己分析の助けになるものの1つが占いだと思ってます。

占いをすれば自分のことがなんとなく分かるし、実際私は今の自分と占い結果の人物像がほぼ一致してるし、才能とか強みを理解するのに占いは役立ってました。

これは多分、考えてもぼんやりとしか分からなかっただろうけど、占い結果として出ていると「あぁ、これが自分の才能・強みなんだな。」とか「これが自分が最も活かすべき情報なんだな。」と自信が持てます。

なので、個人的な意見としては「占いは自己分析の助けをするというメリットがある」と思ってます。

新しい視点が手に入る

 

2つ目のメリットは新しい視点が手に入るということ。

私は普段生活しているとき「ん~。なんか新しい視点が欲しいなぁ。」と思うことがあるんですけど、占いはそんな私に新しい視点をくれます。

「占い的にはこうした方が良いのかもなぁ。という視点があると、ちょっとだけ考えも行動も変わるし、時には運も味方してくれるのかなと。

それが自分にとってプラスになるかは別ですけど、新しい視点を欲してるときの自分ならプラスになることが多い印象。

もちろん、考えて分かることならわざわざ占いを使ったりしないですけどね。

不運を避ける手段を知れる

 

3つ目のメリットは不運を避ける手段を知れるということ。

人生良いことも悪いこともありますけど、占いでは「悪いことが起こりそうな時期」というのを知ることができます。

この情報に科学的根拠なんてないので一般的には信じる価値はないですけど、個人的に「あぁ、占いを参考にしておけば良かった…。」という経験があるので、わりと価値があるかなと思ってます。

まぁ悪いことが起こりそうな時期っていうのは目に見えるものじゃないし、良いことが起こりそうな時期&普通の時期にも悪いことは起こるので、はっきりと理解することはできないんですけどね。

ただ、一応の参考にという話です。

占いを信じるデメリット

 

占いを信じるメリットを書いてみたものの、当然デメリットもあります。というかデメリットの方が圧倒的に多いし、自分or相手に与える影響も大きいです。

そんな占いのデメリット代表とも言えるのが「お金がかかる」というもの。

なぜか分からないんですけど、占いの料金はめちゃめちゃ高いです。時給換算で1万超えとか普通にあります。(むしろそれは安い方)

そして占いの料金というのは「精度、占い師の知名度」などによって上がっていきます。

要するに、当たる可能性が高いの占い師の料金は高いということであり、つまりはあなたが支払う料金も高くなるということ。

冷静になって考えるとこの占いの価格設定はヤバいなと思うし、リピート率も異常なのでどんどんお金が減っていくと思います。

なので、それが占いを信じるデメリットだと言えます。

※そもそも占いを信じてない人は占いにお金を使わないはずなので、占いにお金を使う時点で「少なからずデメリットを高いお金を払って受けに行く」ようなものです。

【危険】占いを信じるデメリットを真面目に解説してみた!~占いは人を変えてしまう件~

お金がかかるというだけならまだマシ。

それ以外にもデメリットが多すぎるので、占いのメリットを書いてみたものの「だからおすすめ!」と私が言うことは一生ないですね。

占いにメリットを期待しない方がいい

 

占いをやってる私が言うのも変ですけど、そもそもな話として「占いにメリットを期待しない方が良い」というのがあります。

上に書いた3つのメリットは「しいて言うなら…。」という感じ。

というか、占いに対して過度な期待をする人があまりにも多すぎるので、メリットよりデメリットが上回ることが多いんですよね。

だって考えてみてくださいよ。時給換算で1万超えなんですよ。

シンプル計算で時給1,000円のバイトを10時間やっても当たる可能性が高い占いの1回分を受けることさえできないんですよ。

それでいて当たる保証なんてないわけで、むしろ外れることの方が圧倒的に多いわけですよ。

冷静になって考えると「釣り合ってなさ過ぎ!!」と思うわけですけど、占いを信じてる人の多くはこのヤバさに気付いてないか、気付いてるけど占いにお金を使ってしまうわけです。

だから上に書いた3つのメリットは「メリットと言えるだろうけど、結果的にデメリットが上回る」という感じ。それを本当の意味でメリットと呼べるのかは微妙なところ。

もちろん、それで本人が満足するなら良いんですけどね。

まとめ

 

占いを信じるメリットについて書きました。

まとめると「占いを信じる(≒参考にする)メリットは、自己分析ができる、新しい視点が手に入る、不運を避ける手段を知れる。」ということ。

まぁ本当のところ占いのメリットなんて書く意味があんまりないんですけどね。

メリットって本来「(その人にとって)プラスであるからこそ」の意味だと思うんですよ。

上に書いた話は一般論ではなく個人的な話なので、それをメリットだとしない人も当然いるだろうし、占いにメリットがあると思ってて良いことっていうのもあんまりないんですよね。

だから私は「占いをした方が良い!」なんて言わないし、むしろ逆に「占いねぇ…。」という若干マイナス寄りな言葉を使う機会が多いです。

占いをやってる私がそう言うのも変な話なんですけどね。

なので一応メリットとして書いたものの「あぁ、これは一つの参考例なんだな。だからと言って自分が占いをする理由にはなってないな。」と思ってほしいですね。

それでも「あぁ、占いに価値がありそうだなぁ。高いお金を払っても自分にとってメリットがありそうだな。」と思えたときにのみ占いをするのはアリかなと。

まぁ要するに、占いにメリットがあるとはいえ占いをやった方が良いよ!ということにはならないよ!ということです。それだけでも理解しておいてください。

占いに関する記事まとめ

占いに関する記事まとめ占いに関する記事をまとめてみました。 「占いなんて!」とか思う人が大半だと思うんですけど「お?」となる人もいるかもしれないので、興...