補足記事

占いはバーナム効果を使っているだけなのか?

占いは心理テクニックと関わりが深いと言われています。

今回は占いとバーナム効果の話について書いてみます。

「占いって心理テク使ってるだけでしょ。」と思ってる人や占いに興味があるけど疑いを持ってる人には是非とも最後まで読んでほしいです。

【前提】バーナム効果とは何か?

 

本題に入る前にバーナム効果というものを簡単に解説。

凄いザックリ言うと「誰にでも当てはまるようなことを言うことで、相手に『それは自分のことを言っているんだ!』と思わせる効果」という感じですかね。

例えば「あなたは頑固でありながらときに人の意見を聞ける柔軟な人です。」と言ったとします。

でもこれは基本的に誰にでも当てはまるわけです。

人は基本的に自分の意見をベースにしたい(≒頑固さが出ている)はずだし、でも生まれてからずっと頑固で人の意見に一度も流されたことがない人なんて多分いないので。

そうなると言われた側が勝手に「あぁ、確かに頑固なときがあるな。でもときに人の意見を聞いてきたこともあるな。」と思って、相手の言葉を信じてしまうわけですね。

ザックリ言えばそれがバーナム効果。

正確な定義は海外の話がベースなのでここでは触れないですけど、とりあえず「あぁ、なるほど。誰にでも当てはまるようなことを言うことで相手を掴むテクみたいなものなんだな。」と覚えておけば良いです。

占いにバーナム効果は使われている

 

占いにバーナム効果は使われてるし、バーナム効果を使っている占い師もいます。

なぜなら、そうすることで相手を信じさせることができるから。そして結果的に占い師側にメリットが生まれるから。

占い師もビジネスなので集客力が必要だし、集客力が必要ということは評価や実績が必要になってくるわけです。

そうなると「全く当たらない占い師」よりも「当たってると感じさせられる占い師」の方がお客さん的評価は高くなるんですね。

だから占い師はバーナム効果を使うし、それ以外の心理効果も使ってたりします。

バーナム効果を使うのは悪いことなのか?

 

個人的には「別に悪いことじゃない」と思ってます。

なぜなら、そもそも個人にしか当てはまらないことを言うのは無理だから。

人はいろんなことを考えるし、いろんなことをするし、それらは「Aである!」と一概に言えません。つまり「そもそも人は何かしらの矛盾を抱えている生き物である」ということ。

大なり小なり矛盾を抱えているからこそ、誰にでも当てはまることを言えば「当たってる!」と感じるんだと思います。

バーナム効果を一切使わないで占うのは基本無理だし、それができる人は霊視ができる人くらいなんじゃないかなと。

世間的には「占い師はただバーナム効果を使ってるだけだ!」とマイナス寄りな意見が多いですけど、別に悪いことでもなければマイナスなことでもないと思います。

ただし、バーナム効果が悪い方に使われることもあるのでそれは普通に論外。

そもそも最初から「バーナム効果を使おう!」と思ってる占い師は個人的には「ん~。」と思いますね。

それは占いより心理効果が先行してるので。

【おまけ】占いでバーナム効果を使う機会は少ないと思う

 

これは個人的な意見なんですけど、占いでバーナム効果を使う機会は少ないと思ってます。

例えば私は占いをするとき「バーナム効果が…。」とか考えたことは一度もないんですね。

相手の情報と占いを結び付けたときに出てくる結果が「占い上の答えのようなもの」なので、相手がどうだとかあんまり関係ないんです。

というか、多分占い師は大体同じだと思います。

占いをやっててバーナム効果を使わないといけない場面は「相手に信用してもらって何か行動をしてもらうとき」くらいかなと。

でも、そんな場面は普通来ないです。

あるとしたら何かを買わせるときかリピーターになってもらいたいときくらいじゃないですかね。

上にも書いたように、個人的に占いとバーナム効果の関係は悪いものじゃないと思ってるし、マイナスな要素もないと思ってますけど、バーナム効果が使われる場面・状況というのはあんまり良い気はしないですね。

ちなみに、結果的にバーナム効果を使ってるっぽくなることは普通にあると思います。

その理由は上にも書いたように、その人だけにしか当てはまらないことを言うのは基本無理だから。

【おまけ2】占いは誰にでも当てはまることを書いている…とは思わない件

 

最後にホントどうでもいい話を。

私は占いについて興味があるのでいろいろ調べるわけですけど、現時点で思うこととして「誰にでも当てはまることを書いている・言ってるわけじゃなさそう。」というのがあります。

例えば生年月日、星座、血液型による占いの特徴がありますよね。

それはおそらく自分とは関係ない生年月日、星座、血液型を調べても当てはまるものがあると思います。

そう考えると「なんだ、結局これらって誰にでも当てはまることを書いてるだけじゃん。言ってるだけじゃん…。」と思いますよね。

でも、めちゃめちゃ深く考えつついろいろ検証をしていくと「…いや、ちょっと待った。もしかしてこれってわりと正しいんじゃないか!?」となることがあるんですね。

それを今私が言語化することはできないんですけど、感覚として誰にでも当てはまることを書いてる・言ってるわけじゃなそうというのがあります。

…という余談を書いておきます。

いつかそれについて言語化したい欲はありますね。

まぁ無理すぎる話なんですけどね笑。

まとめ

 

占いとバーナム効果について書いてみました。

まとめると「占いにはバーナム効果が使われる。でも使わないといけない場面はあんまりないと思うし、使わないといけない場面があるとしたらあんまり良い印象はない。」ということ。

一応補足として書いておくと…

例えば私は手相を見るとき相手がどうだとか関係ないんですよ。

「誰にでも当てはまることを言って信用してもらおう!」とか考えないし、手相の線から得られる情報がベースになってるので、そこからズレる方がむしろ嫌だと感じるわけです。

タロットカードにしてもタロットの絵から受ける印象がベースになるべきだと思うし、相手がどうだとか関係ないわけです。

もしバーナム効果を使うんだとしたらどんな絵柄が出たとしても良いことになっちゃいますよね。だって誰にでも当てはまることを言えば良いわけなので。

だから占いでバーナム効果を使う機会というのはあんまりないのかなと。それは私だからじゃなく占いをやってる人は大体同じだと思います。

言い換えると、バーナム効果を使われるとき・使わないといけないときというのはお客さん目線で考えたとき「注意すべき場面・状況」なのかなということ。

まぁそれをお客さん側が気付くことが難しいわけですけど、基本的に「あぁ、自分のことを見透かされた!」と感じてしまってる状況がちょっと危険だという感じに理解しておけば良いです。

要は「占い・占い師を信用しすぎるな!」ということですね。

占いに関する記事まとめ

占いに関する記事まとめ占いに関する記事をまとめてみました。 「占いなんて!」とか思う人が大半だと思うんですけど「お?」となる人もいるかもしれないので、興...