まとめ

占いに関する記事まとめ

占いに関する記事をまとめてみました。

「占いなんて!」とか思う人が大半だと思うんですけど「お?」となる人もいるかもしれないので、興味があれば是非読んでみてください。

占いに科学的根拠はいらない

 

占いには科学的根拠がないわけですけど、私としては「別になくて良くないか?」と思ってます。

なぜなら、どうせ関係あるのは自分だけだと思うから。

仮に占いに科学的根拠が見つかったとしても、その根拠が自分に当てはまるわけじゃないんですよね。

それは自分の占いの情報は自分にしか関係ないから。他人がどうだとか知ったところで、それは自分には関係ないから。

でも、そう考えると逆に根拠がなくても傾向があればそれで良いと思うわけです。

例えば受験とかでも「入試が難化傾向にある!」としたら、難化に対応するように勉強しますよね。必ず難化するわけじゃないけど「そうした方が良い」と思えるから対応するわけですよね。

占いも同じだと思うんです。

科学的根拠がなくても傾向があると分かるなら、そこに乗って結果的にプラスにしてしまえば良いと思うわけで、そこに根拠というのは関係ないかなと。

まぁどれだけ考えても、研究しても占いに関する科学的根拠は絶対見つからないと思いますけどね。(そうだと分かっていながら探求するのがまた面白いわけですけど…笑。)

占いを信じると不幸になる?

 

占いを信じると不幸になるという話があったりしますけど、これは結構正しいと思ってます。

なぜなら、ちゃんとした占い師があんまりいないと思うから。もっと言うと、その占いがちゃんとしたものなのか?の判断ができないから。

例えばテレビの星座占いとかであれば別に信じても良いと思います。それは信じたところで大きな悪いことは起こらないと思うから。

でも、対面鑑定とか電話占いとかそういうのって『大きな問題』になることがわりとあります。当然、大きな問題になるということはマイナスな意味を持ちます。

もちろん占いを信じることで良くなる場合もあるんですけど、じゃあどれを信じればいいのか?って多分分からないと思うんですね。

だったら「占いを信じない!」としてた方がマイナスを受けにくい分プラスなのかなと思ってます。

占いを信じるメリット

 

基本的に占いは信じない方が良いと思ってますけど、メリットがないわけではないです。

例えば占いは自己分析に役立ちます。

就活などの自己PR欄を書くのに困る人が多いことから、自分のことを詳しく知ってる人はあんまりいないと思うんですけど、占いを使えば隠された自分の強み・弱みを知ることができたりします。

個人的にはそれはメリットだと言えます。

だって考えても見つからない可能性が高いわけで、そもそも自分のことをフラットに評価できる人も少ないはずなので。だからと言って他人が自分のことを正しく評価してくれるとも限らないわけで。

そんなとき占いは「占い的フラット視点」で情報を与えてくれるので、普通にメリットと言えるのかなと。

ちなみに私は就活するときの自己分析で占いを使ってました。なぜかそうすることが自分の中で合理的だと思ってたんですよね。

でもその判断はわりと間違ってなかったなと思いますね。…まぁ人によるのは大前提だし、占いの情報が正しいわけでもないんですけどね。

占いを信じるデメリット

 

占いにはメリットが少しあると書いたものの、普通にデメリットの方が多いし、デメリット側に向かう人が多いと思います。

よく言われるのが「自分で判断ができなくなる」というもの。

「自分で考えて行動するより、占いの結果を参考にした方が良い!…いやそうするべきだ!」とか考えるようになる可能性があるというのはデメリットと言えるのかなと。

これは別に特殊な例とかではなく、普通に起こることなんですね。

そもそも何かの悩みを自分で解決できないから占いを利用する人が多いわけなので、占いの結果の方が自分の判断より優れていると考えてしまうわけです。

「だから気を付けた方が良い!」と言うものの、実際にはそれが難しいし、こうなってから抜け出すのも難しいので、個人的にはデメリットの方が多い印象ですね。

もちろんただの趣味として楽しめる人もいるし、必ずそうなるわけじゃないですけどね。

占いを信じるべきタイミング

 

私は「基本的に占いも占い師も信じるべきではないと思う。」という考えを持ってるんですけど、占いを信じるべきだと思うタイミングというのもあったりします。

例えば全く何も予定がないときとか、何をするか自分で決められないとき。

占いは何かの情報を与えてくれるので、自分に予定がないときや何かを決められないときには占いの情報が役立つ可能性があります。

「そうした方が良い!」とは強く言えないですけど、私とかは何かする予定がないときは「あぁ、なるほど。占い的にはこうした方が良いかもな。だったらやってみようかな。」とか考える機会があったりしますね。

だからまぁそういうタイミングで占いを信じてみるのはアリかなと。

占いを信じる人はバカなのか?

 

「占いを信じる人はバカだ!」と言われることもあったりしますよね。

別にどう考えるのも人それぞれだと思うんですけど、個人的な意見としては「バカだとは思わないかもしれない…。」というのがあります。

占いは情報を与えてくれるものなので、それを参考にして結果的にプラスにできるならむしろ参考にした方が良いと思うし、見極めができてかつたまに信じるくらいなら悪くないのかなと。

ちなみに私はマーケティングの仕事で占いを使ってます。(常にじゃないですけど)

そんな私をバカだと思う人はいるだろうけど、バカは元々なのでまぁ良いかなって。真似した方が良いとはさすがに思わないですけどね。

「占いの悪い結果は信じない!」というのは間違っている?

 

よく言われる話で「占いの悪い結果は信じない!」というものがあります。

確かに占いの悪い結果はなかなか重みがあるので、信じない方が良いと思う部分もあったりします。

でも、実際のところ悪い結果こそ信じる(≒注意するべき)部分なのかなと思います。

だって悪いこと起こってほしくないじゃないですか。もし悪い結果を信じないなら、それらを回避する手段をスルーすることになるかもしれないわけですよ。

「体調に気を付けましょう!」とか言われたときこそ、体調に気をつけるべきだと思うので、個人的な意見としては『悪い結果は信じない』はちょっと間違ってるかなという感じ。

※ちなみに「良い結果だから信じよう!」という話でもないです。

占いが当たらない人の特徴

 

占いが当たるか当たらないか?というのは人にもよるし、状況にもよるわけですけど、当たらない人の特徴というのはあったりします。

例えばそもそも占いを疑っている人。

占いの結果に対して疑いを持つのは悪いことではないんですけど、疑って何もしない人は占いも当たらない可能性が高いのかなと。

恋愛運が高まっているという結果が出たのに、誰とも会わないとか誘いを断るとかそういうので。

「…だから占いを信じる方が良い!」というわけではないですけど、何かを期待して占いをするのなら当たらない人の特徴に当てはまらないようにするのが良いのかなと思います。

お金も勿体ないのでね。

占い師は信じない方が良い

 

占いをやってる私だからこそ「占い師は信じない方が良い!」と伝えたいです。

なぜなら、そもそも信じるものではないと思うから。

占い師というのは占いをする人で、基本的な場合は占いの結果を教えてくれる人でもあります。

でも占いに興味がある人は占い師の言葉を重く受け止める人が多いので、良いことも悪いことも基本的には信じない方が良いです。

それは自分のために、です。

「占い師を信じない方が良いなら占いする意味ないじゃん!」と思うかもしれないですけど「…え。そうだよ?」というのが個人的な意見ですかね。(基本的にはね。)

世の中にはちゃんとした占い師もいますけど、悪い占い師もいるし、その見極めが難しいと思うので…。

占いで失敗するパターン

 

占いで失敗する人は多いですけど、失敗するパターンは大体決まってます。

その1つが「大きな決断をしてしまう」というもの。

例えば占い師に仕事の相談をしたとして、占い師から「あなたは○○(今の仕事)は合ってないですね。他のことやった方が良いと思います。」と言われたとします。

そのときあなたは「あぁ、そうなのか。向いてないのか。なんとなく分かってた気がしたけど、仕事で上手くいかないのは向いてなかったからなんだな。」とか思っちゃうわけです。

で、人によっては転職なども視野に入れてしまうわけです。

それが自分の考えによって決めたものなら全然良いと思うんですけど、決断の大部分が占いによるものならそれは失敗するパターンだと言えるかなと。

あと、転職などをしなかったとしても、占い師に言われた言葉が頭の中で巡ってしまう状況もある意味失敗してると言えます。それは占いに毒されているイメージ。

占いはこういうことが普通に起こってしまうので、占いに興味がある人は注意してほしいなと思います。

占い師は詐欺師と同じなのか?

 

占い師は詐欺師ではないですけど、スレスレもしくは普通にアウトなことをやってる人もいるなと思います。

例えば占い師の言葉で「全部分かります!」系のやつあるじゃないですか。

個人的には「そんなこと言うわりに生年月日とかその他の情報聞くのはなぜなんだろう?」と思うわけです。その時点で全部分かってないわけで、ということはその時点で最低1つ嘘をついているわけで…。

最低1つ、しかも序盤で嘘ついてる人がその先に嘘をつかない方が不自然だと思うわけで…。

…まぁこういうのがいろいろあるわけですね。

占い師を詐欺師というつもりはないですけど、占い師の中に詐欺師がいるのは普通に事実なのかなと。占い系の詐欺被害もニュースになったりしてるし、ニュースにならないものもたくさんあるはずなので。

成功者と占いの関係性

 

占いには科学的根拠がないので、信じる価値はないというのが正論だと思います。

でも、不思議なことに成功者と呼ばれる人達は占いを参考にしてたりするんですよね。

これって謎ですよね。むしろ成功者と呼ばれる人達なら占いを否定する側である方がなんか自然な感じしますよね。

それなのに有名な経営者にも占いやスピリチュアル系を参考にしてる人がいるし、歴史上の偉人とかも占いやスピリチュアル系を参考にしてたりするわけです。

戦国時代に占いとかを使ってたなんて話もあるし、世界の歴史などから考えても占いやスピリチュアル系と関わりのある話がいくつも出てきますよね。

個人的にはそれが不思議すぎて気になるし、もし何かあるんだとしたら、私はそれを使いたい欲がめちゃめちゃあるので探求欲爆発させていろいろ検証してみたいなと。

※ちなみに私としては成功者こそ占いを否定してほしかったなと思う部分はあります。なぜそう思うのか?を言葉で説明するのは難しいですけどね。

占いはバーナム効果を使ってるだけ?

 

「占いはバーナム効果を使っているだけだ!」という意見は多いです。

バーナム効果というのは簡単に言うと『誰にでも当てはまるようなことを言って、当たったように思わせる効果』みたいな感じです。

例えば頑固な人でも生まれてから死ぬまでずっと頑固なわけじゃないし、一度もその頑固さを崩したことがないなんて人はいないわけです。

だからどこかに柔軟な考えがあったりするわけですけど、そのとき「あなたは頑固でありながら柔軟な考えを持てる人です!」とか言っちゃうと、言われた側は「あ、そうです!」と思っちゃうみたいな。

それがバーナム効果です。

占いはこのバーナム効果を使ってるとか言われますけど、個人的な意見としては「基本的に使わないと思う。」というのがありますね。

占いをやってるときにバーナム効果を使わないといけない状況って、何かを売ったり、リピーターにさせたいみたいなときなのかなと。要はマイナス寄りな状況ということ。

結果的にバーナム効果を使ってるっぽくなることはあるものの、普通に占いをするときにバーナム効果は使わないというのが個人的な意見ですかね。

まぁそもそもな話として、人の性格とか考えとかが人口の数だけあるわけじゃないので「その人だけに当てはまることを言う方が無理」というのはあると思いますけどね。