補足記事

占い師は詐欺師と同じなのか?

よく「占いは詐欺!」と言われ「占い師は詐欺師!」と言われていたりします。

今回は占い師と詐欺師について書いてみます。

結構重要な話を書くので、占いに興味がある人などは是非読んでみてください。注意すべきことも書いていくので。

占い師は詐欺師と同じなのか?

 

いきなり結論ですけど、占い師は詐欺師ではないです。

まぁ当たり前なんですけど、占い師と詐欺師はイコールじゃないし、危険な人というわけでもないです。

…ただ、占いをやっている私からすると「あぁ、なるほど。占い師は詐欺師と同じようなものだろうなぁ…。」と思うことがあったりします。

そう思う主な理由は以下の通り。

  • 占いそのものに根拠がない
  • 占い師がちゃんと勉強してないことがある
  • 占い師がちゃんと占ってないことがある
  • 占い師はお金のために不安を煽ることがある
  • 占い師は不安解消のために何かを売ってくることがある
  • 占い師の言葉がかなり適当なことがある
  • 占いの金額設定がおかしすぎる
  • リアルな詐欺師がいる
  • その他いろいろ

それぞれ軽く解説します。

占いそのものに根拠がない

 

占いそのものに根拠はないわけですけど、根拠がないモノに対して『わりと確信的な表現』をするのはどうなのかなと思う部分はあります。

例えば「運命の人に出会えます!」とかそういうので。

もちろん占いなので確信的、断定的じゃないと効果が出ない部分もありますけどね。それにしてもやりすぎて「あ…。(察し)」というレベルかなと。

占い師がちゃんと勉強してないことがある

 

これは占いをやってる側じゃないと分からないと思うんですけど「あ、この人勉強してないな。」というのが分かったりします。

別に膨大な量の勉強をしてからじゃないと占ってはいけないなんてルールはないですけど、詐欺レベルの勉強量で占ってるなというのが分かると「あぁ、なるほど…(察し)」となりますね。

例えるなら予備校講師なのに受験のことをちょっとしか知らないみたいな感じですかね。それなのに受講料高いみたいな。

占い師がちゃんと占ってないことがある

 

これは上の話と繋がるんですけど、勉強してないどころか「そもそも占ってすらいないでしょ笑。」ということもあったりします。

例えば鑑定文の使い回しとかテンプレート鑑定とか。

「こういう鑑定文であればどんな悩みにでも当てはまるし解消できる。」というものをあらかじめ用意して、それをちょこっと修正して鑑定書として出すみたいな。

個人的にそれはなかなかにヤバい手法だと思うし、もはや詐欺と言えるレベルだと思うわけですけど、それが詐欺であることを証明するのは難しいんだろうなと。

あとは『相手の気持ちに寄り添うことを前提としているもの』とかね。

依頼者がどんな相談をしても「上手くいきますよ。」とか「心配ないですよ。」とか言うみたいな。

個人的にそういうのは占いじゃないと思うし、占いとして捉えると高額の商品などを売り込まれたりするので注意した方が良いかなと。

テンプレートのような鑑定書でも詐欺にならないのは、神社のおみくじと同じ理由だと思います。

(どうでも良い話ですけど、私は神社のおみくじは結構好きです。)

占い師はお金のために不安を煽ることがある

 

占い師は占いがビジネスになってるので、当然お金を稼ぐ目的でやっているわけです。

なんですけど、儲けるために占いに来た人の不安を煽るのはどうなんかなと思う部分はあります。

だってそもそも不安だから占いをするわけであって、なぜそれを煽ってしまうのか?という話じゃないですか。

ビジネス的な話をすると『不安の煽り』は実践的な心理テクだったりするわけですけど、個人的には嫌な煽りだなと思いますね。

これはまぁ詐欺とは関係ないです。

ただ、その煽りが次の話に繋がっていきます。

占い師は不安解消のために何かを売ってくることがある

 

上に書いた『不安の煽り』は結果的に、何かを売るためのものだったりします。

イメージしやすいのがパワーストーンとかブレスレットとかそういうのだと思います。

占いに来た人・占いをしてもらった人の不安を煽ったのは、こういう商品を売るためだったりするわけですね。

不安を解消したいから占いをしてもらったわけで、その不安が取り除かれるならまぁ買いますよねそういうの。

でもシンプルにそれが詐欺スレスレだし、そんな効果がないことを知ってる側からすると余裕の詐欺だと思います。(まぁそれが詐欺になることはないと思いますけどね)

だからこういうことをする占い師は詐欺師と同じようなものと言われるだろうなと。

占い師の言葉がかなり適当なことがある

 

「占い師の言葉がかなり適当だなぁ…。」と思うこともあります。

例えばスピリチュアル系の言葉を多用してたりするやつ。

これは占いをやってる側からすると明らかに不自然だと分かるわけですけど、悲しいことに占いをしてもらう側はそういう言葉を求めてたりするんですよね。

だから占いをしてもらう側には分からないどころか、むしろ嬉しくなる人も出てくるわけです。

そういうのを客観的に見てると「あぁ、なるほど…(察し)」となりますね。まぁ別にこれを詐欺だとは思わないですけどね。

※ただネット占いのプロフィール欄?とか鑑定説明文?みたいなのはホントに酷いです笑。気になる人はググって見てください。

こういう言葉を多用するのは結果的にリピーターを獲得するためだったり、何か高額商品を売ったりするのが目的だったりします。

個人的なアドバイスとしてはこういう感じの言葉を多用してる占い師は避けた方が良いと思います。

占いの金額設定がおかしすぎる

 

占い師としての活動は自営業(個人事業主)なので、鑑定の値段をいくらに設定しようが事業主の自由です。だからそこに対して詐欺だと思う部分はないわけですけど…。

冷静に考えたときの金額設定はホントにおかしいと思います。

だって1時間の鑑定で1万超えとか普通ですからね。電話占いなんて1分300円とかあるわけで、60分なら約2万ですよ。鑑定書付きの鑑定でも1枚数千円とかするし、そもそも占いに興味がある人って1回で満足しないんですよね。

それでも「いや、金額設定は自由でしょ?占い師としての実績があるならそれくらいでも良いのでは?」と思うかもしれないですけど、占いにそれだけの価値があると思わせているのなら、それは詐欺スレスレなのかなと。

だって占いをやってるなら「占いそのものにそこまでの力はない」ということが分かってるはずなので。それが分からない占い師ならそれもまたヤバいわけで…。

まぁ別にどうでも良いんですけどね。私はそんな高額な占いを受けないし、受けるとしたらプロの占い師だとはっきり分かる人に占ってもらうので。

目に見えないものやスピリチュアル系に振っただけで金額設定がおかしくなってしまうのが占いのヤバいところ。

基本的に何者でもない一般人のお悩み相談なんて1時間数万円の価値はないはずなのに、占い師を名乗るだけでそこに価値が生まれてしまうのが不思議なところですね。

(仕事ができるビジネスパーソンに仕事の相談を1時間しても1万円なんてかからないはず。なのに占い師は中身のない話でもそれができてしまうわけです。それが詐欺と言われる1つの理由。)

リアルな詐欺師がいる

 

最後に書いておくべきことは、シンプルにリアルな詐欺師がいるという点。

占い師は詐欺師ではないですけど、占い師の中に詐欺師はいます。まぁその時点で占い師ではないわけですけど、占いの詐欺被害は今も普通にあります。

というか多分増えてます。

ニュースとかになるのはホントに一部の一部であって、細かいものを入れたらめちゃめちゃたくさんあるはずなので、そこはもう普通に注意ですね。

占いで詐欺に遭わない方法

 

占い詐欺に遭わない方法は『そもそも占いをやらないこと』が一番。

占いをやるから占い詐欺に遭うのであって、自分が一切占いをしなければ詐欺に遭うことはないです。もっと言うと、占いをしなくても良いと思えるような生活を送ることが大事。

例えば仕事で悩んでしまったときでも「…まぁそういうこともあるよね。今日は美味しいものでも食べて、明日からまた頑張ろ!」と思えるように努力するとか。

占いに頼らなければならない状況なんてないので。

私は占いをやっている側なのであんまり説得力がないかもしれないですけど「占い詐欺に遭いたくないなら占いを利用しない方が良い!」とは伝えておきたいですね。

まとめ

 

占い師と詐欺師の話について書いてみました。

まとめると「占い師は詐欺師ではないけど、占い師の中に詐欺師はいるし、実際の占いは詐欺スレスレなことをやっている可能性が高い。…だからそもそも占いなんてしない方が良い。」ということ。

ちなみに私は占い師が嫌いなわけじゃないです。

普通に「スゴ!」と思う人もいるし、占い師がいるから私も知らないことを学ぶことができたりするので感謝する部分もあったりします。

…が、基本的には好かないですね笑。

これは私が占いをやってるからだと思うんですけど、他の占い師を見てると「あぁ、なるほど…(察し)」となって、同業者的に仲良くなれる気がほぼしないです。

というか「それだけ占いの効果があると言ってるなら占いじゃなくて他のことやれば良いじゃん。」とシンプルに疑問に思っちゃうし、そうしてない時点でなんかいろいろ察してしまうので。

だって他人に対しては「あなたと恋人は結ばれます!」と言えるのに、自分はプライベートで「彼氏・彼女ができない。」とか「結婚したいのに良い相手がいない。」とか言ってるわけですよ。

「あなたは仕事で成功しますよ!」と言えるのに、自分は仕事で悩んだりお金に困ったりしてるわけですよ。

他人には確信的に言えてそのアドバイスもできるのに、自分にはそれが分からないというのはどういうシステムなの?というのは謎ですよね。そもそも占いの的中率が最も高いのは他人ではなく自分のはずなのに…。

なんか矛盾感があるというか、それが大きくなると詐欺になるんだろうなと思うので、個人的には占い師は好かないです。

もちろんこれは職業差別的な意味ではないです。むしろ職業としての占い師は「めちゃめちゃ良くないか?」とさえ思ってたりするし、私はその恩恵を確実に受けてるタイプなので。

まぁ何を伝えたいかと言うと、占いの詐欺にはホントに気をつけてね!ということ。

自分は引っかからない!という人も普通に引っかかるのが占い詐欺だし、そもそも進行形で詐欺られていることに気付けないのが厄介ポイントなので、ホントに注意してください。

占い師は詐欺師と言う気はないものの、詐欺師じゃないから信じる方が良いとは思わないですね。(まぁこれも難しい話なんですけどね。信じないと効果が出ないこともあるので。)

占いに関する記事まとめ

占いに関する記事まとめ占いに関する記事をまとめてみました。 「占いなんて!」とか思う人が大半だと思うんですけど「お?」となる人もいるかもしれないので、興...