ソロモンの星

【伝説の手相】五芒星(ソロモンの星)の意味を徹底考察|宝くじ・適職・活かし方の情報あり

珍しい手相として数年前から名前が挙がる五芒星(ソロモンの星)。

今回は五芒星(ソロモンの星)の意味などを考察していきます。

解説じゃなく考察である理由は調べても分からないからなんですけど、この記事に書いてあることも正しいとは限りません。

なので「こういうこともあり得るかもな。」程度の理解でお願いします。

この記事の内容は島田秀平さんの話を参考にしつつ、個人的な考察多めで書いてます。

五芒星(ソロモンの星)の基本的な意味

ソロモンの星

いきなり結論ですけど、五芒星(ソロモンの星)という線の意味は不明

そもそも、手相の本にはほとんど載ってないため、どのような意味を持つのか?というのは分かっていません。ネットにはいろいろ五芒星(ソロモンの星)について書かれてますけど、それもどこからの情報なのか?が全く分かってないので、結論としては不明となります。

ただ、意味としては以下の6つが考えられています。

  • 守護の力が強い
  • 幸運が訪れる
  • 大成功を掴む
  • 人を導く力が強い
  • 歴史に残る偉業を成し遂げる
  • 見えない世界への興味が強い

これらの中からいくつかは当てはまる可能性があるので、もし五芒星(ソロモンの星)を持っていたら、上の言葉をヒントにしつつ何か行動してみるのが良いかなと。

五芒星(ソロモンの星)の場所による意味の違い

島田秀平さん曰く「五芒星はどこに出ていても良い。」らしいです。

これはおそらく、どこに出ていても同じような意味を持っているということだと思うので、場所による意味の違いはそこまでないのかなと。

ただし、手相には「丘」と呼ばれるものがあります。その違いはあるかもしれないので一応それについて軽く書いておきます。

  • 親指下→健康・体力など
  • 人差し指下→権力・指導力など
  • 中指下→対人関係・忍耐力・探究心など
  • 薬指下→人気・成功など
  • 小指下→商才・財才など
  • 手の真ん中→バランス・均衡・活力など
  • 小指のもっと下→想像力・スピリチュアルなど

雑な見方なので大枠としててですけど、もし場所による意味の違いがあるとすれば、それぞれの意味を強めていると考えられます。

場所による意味の違いを本人が理解できる可能性は限りなく低いはず。なので、どこかに五芒星(ソロモンの星)が出ていたらそれで良いかなと。

五芒星(ソロモンの星)がいくつもある意味

五芒星(ソロモンの星)が手にいくつもある意味は「五芒星(ソロモンの星)の意味がより強まる」と見ることができます。

手相の線は基本的に1つより2つ、2つより3つ…と数が増えるごとにその強さを増していきます。その基本的な見方で考えるなら五芒星(ソロモンの星)の意味がより強まると考えられます。

ただし、滅多に出てこない線ということを考えると、いくつもの五芒星(ソロモンの星)が出てくることは考えにくいかなと。1つだけが本物でそれ以外は別の線と考えるのが現実的かと思います。

五芒星(ソロモンの星)が消える意味

手相 五芒星(ソロモンの星) 消える

五芒星(ソロモンの星)が消える意味は「意味がなくなった」と見ることができます。

基本的に手相の線や紋は消えてしまったらその意味がなくなったと考えます。良い意味を持つ線や紋が消えるならマイナスだし、悪い意味を持つ線や紋が消えるならそれはプラスになります。

五芒星(ソロモンの星)は全体的に良い意味を持つとされるので、消える場合はどちらかというとマイナスの意味が強いと思います。

五芒星(ソロモンの星)の形がいびつな意味

手相 五芒星(ソロモンの星) いびつ

五芒星(ソロモンの星)の形がいびつな意味は「五芒星の意味を持っている、もしくは持っていない」と見ることができます。

手相の見方として、いびつでも線や紋があれば「ある」とするし、線や紋の形がいびつな場合「違うもの」と判断することがあります。

つまり、形がいびつな場合は、五芒星(ソロモンの星)ではないと考えることもあるということ。

ただ、形がいびつであっても線や紋があると見る占い師もいるので、実際のところどうかは分かりません。

手相的に言えば形が綺麗な方が意味が強いのは書くまでもないですけど、いびつであっても出ているなら何かしらの意味がある可能性も考えられます。

なのでどちらが正しいか?は本人にしか分からないと思います。自覚の問題なので。

五芒星(ソロモンの星)と六芒星(ダビデの星)の意味

手相 五芒星 六芒星

五芒星(ソロモンの星)と同じような線に六芒星(ダビデの星)と呼ばれるものがあるそうです。

私は見たことがないですけど、五芒星(ソロモンの星)があるなら六芒星(ダビデの星)があってもおかしくはないのかなと。

意味としては五芒星が守りなのに対して、六芒星は攻めの意味があるそうです。

五芒星と同じかもしくはそれ以上の幸運に恵まれる可能性があるとも言われているみたいです。

ただ、六芒星(ダビデの星)という線は本などには書かれていないので、ネットの記事や動画などの信ぴょう性はかなり低いと思います。当然、占い師に聞いても「分からない!」と言われるはずなので、自分で意味を見つける!くらいでいた方が良いかなと。

五芒星(ソロモンの星)がある有名人

 

五芒星(ソロモンの星)がある有名人は、島田秀平さんが鑑定した中でも3人?いたそうです。

江原啓之

五芒星(ソロモンの星)という手相が広まるきっかけになった人と言われています。

昔、やりすぎコージーという番組内で、江原さんの手相を鑑定する機会があったみたいです。江原さんの手には五芒星(ソロモンの星)があり、テレビではおそらく初めて特集されたと思います。

また江原さんの手には五芒星だけでなく、とんでもなく大きな神秘十字線があったとも言われているので、スピリチュアルの力が強いという鑑定結果になっていたみたいです。

カメラ越しということもあり、どのように星が出ていたのか?というのは不明。

ミルコ・デムーロ

日本の馬で初めて世界一になったときミルコ・デムーロ騎手の手には五芒星(ソロモンの星)が出ていたそうです。

このときテレビ、雑誌、ネットなどで「五芒星という手相がある!」ということが広く認知され始めたみたいです。

また、五芒星に「歴史に名を残す」という意味が出てきたのも、おそらくミルコ・デムーロ騎手の実績によるものだと思います。

知能線の先に五芒星が出ていたとのこと。はっきりと分かるレベルだったらしいので、パワーとしては相当なものになるかなと。

基本的に小さいより大きい方が意味が強まると見れるので。

澤部佑(ハライチ)

お笑い芸人の澤部佑さんにも五芒星(ソロモンの星)が出ていたそうです。

島田さんが何かの番組で出演者の手相を鑑定したとき、五芒星(ソロモンの星)が出ていると判明したそう。

澤部さんは現在バラエティー番組にたくさん出ていますけど、お笑い芸人の手相に五芒星が出てくるとどうなるのか?というのは未知すぎるので、かなり興味深い話でもあります。

澤部さんはお笑い芸人なのであまりスピリチュアル的な話をしないと思いますけど、もしかしたら何か強烈なパワーを持っている可能性もあるかなと。

ちなみに、3人の共通点は全く分かりませんでした。

なので「有名人に五芒星が出てくるとどんな意味を持つのか?」というのは全く分かりません。

ただ、3人とも各ジャンルで超有名であり、多くの人に影響を与えているという点を考えると、五芒星の意味や特徴も少しだけ考察できるのかなと。

いずれにしても情報が少なすぎるので、他の線とは違い「…だろう。」みたいなことしか書けないですけどね。

五芒星(ソロモンの星)があれば宝くじに当たる?

 

五芒星(ソロモンの星)が出ている人はおそらく運が良い人なので、宝くじに当たると言えると思いますけど、感覚的に言えばそれは微妙かなと。

宝くじ含め、ギャンブル要素が強いものとの相性は良くないし、五芒星(ソロモンの星)が持つ意味とも合ってない気がします。

例えば、上で紹介した五芒星(ソロモンの星)を持つ有名人で考えても、宝くじが当たったから有名になった!という方ではないですよね。むしろ激しい環境や実力が重要な世界を生きている方だと思うので。

その点を踏まえて考えると、五芒星(ソロモンの星)があるから宝くじに当たるというのは微妙かなと。

やっぱり宝くじと珍しい手相はあんまり相性が良くないんですよね。仮に金運が強い人であったとしても、宝くじより仕事(ビジネス)の方に振った方がおそらくお金持ちになれる可能性が高いはずなので。

五芒星(ソロモンの星)がある人の適職

 

五芒星(ソロモンの星)がある人の適職を解説します。

絶対にこうした方が良い!というものではなく、あくまでも手相の意味から考えるだけなので、それを先に伝えておきます。

あくまでも予想・考察なのであんまり信じすぎないでください。「あ、もしかしたらそうかもね。」程度の理解でお願いします。

五芒星(ソロモンの星)がある人に向いてる仕事

  • 経営者
  • 占い師
  • コンサルタント
  • コーチ
  • 教師…など

五芒星(ソロモンの星)がある人の適職は「人を導くこと」。

経営者であれば会社を目標まで導くことだったり、占い師なら鑑定しに来た人を良い方向に導くことだったり…。

そういう視点で考えれば、コンサルタントも教師も同じように向いていると思います。

もちろん、それら以外にも向いている仕事はあると思いますけど「本当の意味で向いている仕事」というのはそこまで多くない気もします。

仕事・職業というより「自分が本当に望むことを突き詰める」ことが大事かなと。

逆に、自分が本当に望んでいることに蓋をしている状態ならどんな仕事・職業をやっていても適しているとは言えないと思います。

言い換えると、自分が本当に望んでいることをやっているのであれば、上で紹介した仕事・職業でなくても問題ないということです。

自分の心の奥に眠る「野心・願望」みたいなものに素直になる方が結果的に良い仕事・職業を見つける可能性は高くなると思います。

五芒星(ソロモンの星)がある人に向いてない仕事

  • 自分が向いてないと思う仕事全般
  • 自分が好きだと思えない仕事全般
  • 自分がやりがいを感じない仕事全般

五芒星(ソロモンの星)がある人に向いてない仕事は「とにかく自分が良いと思えない仕事全般」。

これは具体的な仕事・職業という括りではなく、自分がどう思うか?が大きく影響してくると思います。

五芒星(ソロモンの星)が現れている人は、おそらく「自分はこういう仕事をするべきではない!」ということを理解している気がします。もしくは「自分は○○という仕事をするべきだ!」という使命のようなものを強く感じているかも。

言い換えると、自分が「良い!」と思えない仕事は全て向いてない!ということ。それが人より強く出てくる印象。

基本的に自分の好きな仕事を選べるはずなので、向いてない仕事を考えるより「自分に向いてると思えるもの」を考える方が良いかなと。

とにかく「自分はこれに向いてない!」と思うものは合ってない可能性がかなり高いので、そこだけ注意。

五芒星(ソロモンの星)の運を最大限活かす方法

 

五芒星(ソロモンの星)の運を最大限活かす方法は「自分の心の声に耳を傾けつつ、自分が必要だと思うことをやる」だと思います。

五芒星(ソロモンの星)がある人は「内に秘めた使命感や大きな仕事のようなもの」を感じてる気がします。

例)「○○はこうするべき。」とか「自分は○○するべき」とか。

言葉にするのは難しいですけど「なんとなくやるべきことが分かっている」という人も多分いるはずで、そんな想いに対して素直になる方が良いかなと。

周りにどうこう言われたり、周りの評価を気にするより、自分の想うことを追求した方が良いですね。

本人が何をどう感じているのか?っていうのが分からないので、適切なアドバイスをするのが難しいですけど、1つ言えるとしたら「内に秘めたものがあるならそれを追求した方が良い」ってことかなと。

もし『内に秘めたものが特にない!』ということであれば、今はまだそこまで気にしなくても全く問題ないです。

普通の生活を送っていたら気付くこともあるだろうし、逆に気付かないならそれはそれで良いと思うので。

五芒星(ソロモンの星)がある人が注意すべきこと

 

五芒星(ソロモンの星)がある人が注意すべきことを紹介します。

個人的な予想なので正しいかは分からないですけど、よければ参考にしてみてください。

占いやスピリチュアルに依存しない

 

注意すべきこと1つ目は「占いやスピリチュアルに依存しないこと。」です。

五芒星(ソロモンの星)を持っている人はスピリチュアル系に興味がある人が多いと思うんですけど、ほどほどにしておいた方が良いです。

趣味程度に勉強する、もしくはその道に進むとかであれば別に良いですけど、何かの悩みや疑問に対して占いやスピリチュアルに頼りすぎると悪い方向に進むので注意。

手相占いもそれ以外の占いも、残念ながら「依存」という言葉と関わりが深いし「信仰」「崇拝」「聖職」という言葉とも関わりが深いです。

もっと言えば、鑑定料は普通に高いし、一度だけで満足する人はあんまりいません。

一度占ってもらったら、次また占ってもらいたいと思うのが普通なので、悪いハマり方をするとどんどん落ちていきます。

なので、その点は注意しましょう。

自分らしさを強く持つ

 

注意すべきこと2つ目は「自分らしさを強く持つ」ということです。

おそらく五芒星(ソロモンの星)を持っている人は「何かよく分からないもの」に影響されるタイプかなと。よく分からない使命感のようなものを強く感じたり、素の自分でも理解・納得できない何かを日常的に感じることもあるかもしれないです。

それらのよく分からないものに対して、自分が動かされるのはあんまり良い状態じゃないです。

大事なことは自分らしさを強く持つこと。

何かに影響されるとかじゃなく、自分で考えて自分が納得したことをベースにして行動するようにしてみてください。

占いとかスピリチュアル系、目に見えない何か系の話と関わりが強くなる可能性が高いので、それらに影響されすぎず、自分らしさを強く持って行動することは忘れないように。

ちなみにこれは予想の話。

五芒星(ソロモンの星)があるから絶対にこうなる!というわけじゃないし、あくまでも「可能性」の話ということを最後に書いておきますね。

自分には関係ないな!と思えるなら全然心配することじゃないし、不安に思うことでもないので。

自分の考えや想いに蓋をしない

 

五芒星がある人が注意すべきこと3つめは「自分の考えや想いに蓋をしない」です。

途中でも書いたように、五芒星(ソロモンの星)がある人は何か大きな夢や野望のようなものを持っている可能性があります。

もしそうだとするなら、その想いに蓋をするのはやめた方が良いかなと。

言い換えるなら「自分がこうしたい!」と思ったことを突き詰める方が良い!ということ。

何か大きなことをやりたい!何か凄いことをやりたい!と思っているなら、そこに蓋をせず、自分の想いに素直になって突き進んだ方が良いと思います。

もちろん、何もないという場合ならそこまで注意する必要はないです。

普通に過ごしている中で何か見つけたとき「あ、自分の想いに蓋をしないで、やりたいことをやろう!」と思えれば良いので。

五芒星(ソロモンの星)がある人におすすめの行動

 

五芒星(ソロモンの星)がある人におすすめの行動を紹介します。

個人的な意見なので「何かが得られる!」というわけではないですけど、やってみる価値はあると思うので良ければ参考にしてみてください。

神様に願い事をしてみる

 

五芒星がある人におすすめの行動1つめは「神様に願い事をしてみる」です。

手相の中でも珍しいとされている五芒星(ソロモンの星)があるなら、神様に願いを叶えてもらいやすいタイプと仮定して願ってみるのがおすすめ。

五芒星には霊感やスピリチュアルの意味があるとされているので、おそらく普通の人よりも願い事は叶いやすいタイプだと思います。なので、何かあれば神様に伝えてみるのが良いかなと。

ただし、ただ願うだけではNG。

神様に願いを叶えてもらいたいなら、それ相応の努力を示すことも大事。

私がやっているのは「神様に願いと覚悟を伝える」というもの。ただ願うだけじゃなくて「願いを叶えてもらう為に自分はこういう努力をします。」と伝えます。

そうすることで神様的にも「なるほど。」となってもらえるのかなという予想。

神様側からすると「なんで願い事だけしてるの?都合よすぎじゃない?それ相応の何かを示してよ!」と疑問に思うだろうし、世の中、等価交換の原則があると思ってるので、相応の努力をします!という覚悟と実際の行動は大事かなと。

とりあえず、五芒星(ソロモンの星)が出ているなら神様に願い事をしてみるのがおすすめという話。

人に会って人に協力してもらう

 

五芒星がある人におすすめの行動2つめは「人に会って人に協力してもらう」です。

何か大きなことをやりたい!成し遂げたい!と思うなら、人に協力してもらうのが絶対条件。

珍しいと言われる五芒星(ソロモンの星)が出ていると言っても、自分一人では限界があるので、人に会って人に頼ることも大事。

もしその視点が欠けているという自覚があるなら、それを改善しつつ人に会ってみるのが良いと思います。

忘れないでほしいのは「大きなことをやるには協力者が必要である!」ということ。

それを渋って大きな夢や目標を達成できないことほど勿体ないことはないと思うので、一応のアドバイスとして書いておきます。

まとめ

 

五芒星(ソロモンの星)について書いてみました。

タイトルにも書いた通り、これらは考察です。

他の線とは違い「こうした方が良い!」と強く言えないのは、情報が足りてないからなので、もし五芒星(ソロモンの星)が出ているなら「その答えは自分で探す!」という意識でいる方が良いかなと。

ただ、自分の想いを突き詰めていく、人に協力してもらう、これを繰り返していけばいつか何か大きなことを成し遂げる可能性はあると思うので、是非とも頑張ってみてください。

【王の資質あり】ソロモンの環の見方を徹底解説!~適職・活かし方の情報あり~

【王の資質あり】ソロモンの環の見方を徹底解説|適職・活かし方の情報あり珍しい手相の中でもかなり強力なパワーを持っているとされるソロモンの環。 今回はソロモンの環の意味や見方を徹底解説します。 幸...