補足記事

手相はどっちが未来を表すの?|基本的な見方を解説

手相占いについて調べると右手で解説している人、左手で解説している人がいて、どっちで見れば良いのか?と混乱する人は多いと思います。

今回は「どっちの手が未来を表すか?」をベースに、基本的な見方を解説していきます。

※これが絶対に正しい!というわけじゃないんですけど、一応こういう見方がある!という話で解説していきます。参考にしてみてください。

手相はどっちの手が未来を表す?

いきなり結論ですけど、これは人によって違います。

なぜなら、人によって左右の手相の変わりやすさが違うから。

右手の手相が変わりやすい人もいるし、左手の手相が変わりやすい人もいます。

当然、変わりやすい方の手が「現在・未来」を表している可能性が高いわけですけど、人によって左右の手相の変わりやすさが違うので「こっちが未来!」という判断はできないです。

なので、結論として「どっちの手が未来を表すか?は人による」ということです。

手相の基本的な見方【過去・現在・未来】

基本的な手相の見方はこんな感じ。

  • 右手→過去(≒ポテンシャル)の情報
  • 左手→現在・未来の情報

右手はその人の素だったり、ポテンシャルを表していると考えます。

例)右手に覇王線(億万長者の相)が出ているとしたら、その人はポテンシャル(≒先天的な何か)としてお金持ちになれる可能性がある…という感じ。

左手は現在・未来、後天的に身についたものを表していると考えます。

例)左手に覇王線(億万長者の相)が出ているとしたら、その人は今現在(≒後天的な何か)、お金持ちになる運が味方している…という感じ。

もちろん、これらは厳密ではないし、はっきりと確かめる方法はないですけど、私はこういう見方をするので「どっちの手が未来を表すか?」で言えば、左手の方が未来を表している可能性が高いと見てます。

どちらで見るのが良いかは本人にしか分からない

占い師は経験や学びによって見る方の手が違います。

つまり、今日は右手を現在として、明日は左手を現在とする!みたいな見方はしないということ。どちらかを決めた上で鑑定を行っているということですね。

ただ、この見方だと人によって微妙な解釈のズレが生じます。

なぜなら、人によって左右の手相の変わりやすさが違うから。

当然、変わりやすい方の手は現在・未来を表している可能性が高いので、常に同じ方の手だけで鑑定していると、ある人は「なんか違う気がする…。」となることがあります。

本当の意味でどちらの手を現在・未来と見るか?は本人にしか分かりません。本人にしか手相の細かな変化を確認することができないからです。

なので、どちらが現在・未来を表すのか?を知りたい人は左右の手相の変化を確認してみてください。

どちらかは変わりやすいはずなので、それを確認したら変わりやすい方を現在・未来と見る方が良いかなと。

※細かい線の意味を考えたとき「どっちの手にあるか?」は大事ですけど、多くの線はどちらにあってもその違いを実感することはほぼないです。なのであんまり気にしなくても良いし、占ってもらう占い師の話を聞いておけば良いかなと。

私が左手「現在・未来」として占う理由

私は左手を「現在・未来」として占います。

その理由は、自分の手相の変化が激しかったのが左手だったから。

手相は左右どちらも変わるものですけど、私の場合は特に左手の変化が激しく明らかに変わっているのが分かりました。

一方の右手は変化したと気付けるものの、そこまで大きな変化がなかったので「右手を過去・ポテンシャル」「左手を現在・未来・後天的」として考えてます。

ちなみに、これは私の場合であってみんなそういう変化が起こるわけじゃないです。

人によっては右手の変化の方が激しいこともあるので、そういう場合は「右手が現在・未来・後天的」「左手が過去・ポテンシャル」と見る方が正しいかなと。

未来を表す手相はない

 

ここまで「過去・現在・未来」という書き方をしてきましたけど、個人的に微妙な表現だなと思ってます。

そもそも未来を表す手相なんてないと思うんですけど、少し先のことを表現するときに「未来」という表現するのが一番しっくりくるんですよね。

例えば億万長者の相と呼ばれる「覇王線」があるとするなら、将来的にお金持ちになる可能性はあるわけです。でも、将来はつまり未来ですよね。

少なくとも過去ではないし、現在でもないわけです。となると、もう未来しかないので、表現として使わざるを得ないという感じです。

なので、一応の理解として「どっちの手が未来を表す!とかではないんだな。」と覚えておきましょう。

「どっちの手が未来を表すんですか?」と聞かれることがある

手相を見るときに「どっちの手が未来を表すんですか?」と聞かれることがわりとあります。

そのとき私は「いや、どっちとかはないです。」と(なるべく)答えるようにしてます。

正直、細かいことを言えばどっちも未来のことを表してるし、厳密に言えるものじゃないんですよね。だから正しく答えることはできません。

ただ、私自身のことから言えば左手の方が変化が激しいので、少し先の未来のことを意味しているのかなという解釈。

逆に不思議なくらい右手はほとんど変化しないんですよね。その変化の少なさは「あぁ、なんかポテンシャル的なものなのかな?」と思える程。

だから私は右手を過去(≒ポテンシャル)として見てますという話です。

当然、人によって違うので「これが正しい!」というわけじゃないんですけどね。

手相は両手を見て総合的に占うもの

 

手相は右手・左手どっちを見るのか?という話を書いてきましたけど、結局のところ両手を見ることになるのであんまり違いはないと思います。※細かい線は別。

両手を見るということは、右手も左手も見るということ。

過去・現在・未来・ポテンシャル・後天的に出てきたもの…など、これらを総合的に判断するということです。

多くの人は「どっちの手で占うのが正しい?」と気になってると思いますけど、手相占いは片手だけで占うものではないので、結論として「どっちの手でも見る。つまり両手で見る。」が正しいということになります。

なので、そもそも論として「どっちの手を見て占うのが正しい?」という話はあんまり意味がないというわけですね。

両手を見てもやるべきことは変わらない

手相は両手で見ると書きましたけど、実は両手を見たところでやるべきことはそんなに変わりません。

なぜなら、才能が開花してない人がほとんどだし、手相を気にして生活している人がほとんどいないから。

才能が開花してないならそれを開花させるための努力が必要だし、手相を気にして生活してないなら、どちらの手に良い線があったとしてもあんまり変わりません。

仮に億万長者の相と呼ばれる覇王線が両手にあったとしても、本人がそれを気にせず、正しい方向で努力をしないならあってもなくても変わらないですよね。棚ぼた的なことは起こらないのが普通なので。

どっちの手にどんな線があるか?というのは活かし方の参考に使うものですけど、基本的に隠れているものが多いので、それを知るより「どういう方向で、どういう努力をするべきか?」を考えた方が良いかなと。

もしそれが自分で分からないなら、手相占い師に聞いてみるのが良いと思います。大体の人は過去の鑑定結果から何かしらのアドバイスをしてくれるはずなので。

まとめ

どっちの手が未来を表すか?の答えとしては「人によるから分からない」ということ。

でも、個人的には左手の方が変化が激しかったので、私の場合は「左手を現在・未来・後天的」と考えて占う!ということ。

当然、これが正しいわけじゃないのであくまでも参考程度に。

もし、左手を現在・未来・後天的として考えたときに「なんか違う気がするなぁ…。」と思うようであれば、右手を現在・未来・後天的と考える方が良いかなと。

結局のところ、変わりやすい方の手がどっちか?というのは本人にしか分からないので、どうしても気になるようであれば手相日記みたいなのを付けるのもおすすめ。

ただし、どっちの手にどんな線が出ていたとしても、やるべきことはあんまり変わらないということを一応書いておきます。

※億万長者の相である覇王線が右手にあろうが、左手にあろうが、活かすことを考えたときの行動は基本的に同じなので。

手相占いの記事まとめ

手相占いの記事まとめこのページでは手相に関する記事をまとめました。 疑問に対する答えだったり、考察だったりいろいろ書いたので、興味があれば読んでみてく...