結婚線

結婚線が下向きになってる意味を深掘り解説|運気が下がるサイン?

結婚線は真っ直ぐ横に伸びるだけじゃなく「下向き」に伸びることもあります。

今回は結婚線が下向きになっている意味を解説します。

自分の結婚線を見て「あ、下向きになってる。」ということであれば是非参考にしてみてください。

結婚線が下向きになっている意味

結婚線が下向きに出ている意味は『ちょっとマイナス』です。

  • 恋愛や結婚に対して消極的
  • 恋愛や結婚に対して悲観的
  • パートナーとの関係性が良くない
  • パートナーへの気持ちが離れてしまっている

基本的に結婚線は真っ直ぐ横に伸びているor上向きに出ている状態が良いとされてます。逆に、結婚線が下向きに出ている状態はあんまり良くないです。

これは他の線と違ってわりとはっきり「マイナス」と言える状態なので、何かしらの行動を取る方が良いかなと。

そのままの状態でめちゃめちゃ良くなる!なんてことはほとんどないので。

結婚線が下がって感情線に接するとヤバい?

 

これは手相的に言えば『やばい・まずい状態』かなと。

結婚線が下がるということは『気持ちが下がっている≒気持ちが冷めてしまっている』というような意味があります。

要は二人の関係性にネガティブ要素が含まれている可能性があるということ。独身ならかなり強めに恋愛や結婚に対してネガティブに捉えてる可能性があるということ。

下がった結婚線が感情線に接していない状態でちょっとマイナスなので、これが感情線に接してしまうと「わりとまずい」状態なのかなと。

占い師によっては「あぁ、離婚するかもね。」とか「あぁ、結婚は無理だね。」的なことも言われるかなと。

もちろん、実際にそうなるか?は分からないですけど、濁さず言うなら「幸せとは遠い状態」と言える気がします。

ちなみに、独身の人で「いや、別に恋愛や結婚とかしなくて良い。」と思う人は全然気にすることはないです。恋愛や結婚が幸せに結びつくわけじゃないし、人それぞれ考え方が違うので。

ただ、既に結婚している人の「結婚線が下がって感情線に接する」のは気をつけた方が良いかなと思います。

結婚線が下がっている人はどうすればいい?

 

結婚線が下がっている人からすると「いや、どうしたらいいのよ。」と思いますよね。

具体的な解決策なんていうのはないんですけど、1つやるべきなのは『話し合い/コミュニケーション』ですかね。

例えば相手への気持ちが冷めてしまっている場合、会話も減ってくる気がします。相手とめちゃめちゃ会話してて「相手への気持ちがめちゃめちゃ冷めてる!」なんて例はあんまり聞かないですよね。※心に秘めているのは別ですけど。

なので、とりあえずしっかり話し合ってみること。

嫌なところとか、直してほしいところとか、そもそも冷めているならその原因を探ってみて話して解決できそうなら話してみるとか。

まぁそれができないから冷めてしまうのかもしれないし、気持ちも下がってしまうのかもしれないですけどね。そこは本人の想い次第かなと。

旅行するのがおすすめと言われている

 

これは決まっているわけじゃないですけど、二人で旅行すると良いという話があります。

要は普段と違う景色や体験をすることで相手との関係性が改善するみたいな感じだと思います。

自然とか見てると「あぁ、なんか悩み吹っ飛んだなぁ。」とか思えるし、内なる想いに対してちょっと向き合いやすくなる気もするので、個人的にはアリですかね。

ただ、人によっては旅行することでさらに関係性が悪化するとかもあり得ます。そうなると最悪なので「無理してでもやるべき!」とは思わないし、言わないです。

あくまでも一つの選択として旅行はアリだと思うという話。

結婚線が下向きに出ている人は多い

 

結婚線が下向きに出てくる人は多いです。

というか、ほとんどの人は人生で一度くらい下がると思います。

なぜなら『ずっと良い関係性でいられる方が稀だから≒どこかのタイミングで気持ちが冷めたり関係性が悪くなったりするものだから』です。

独身の人でも「あぁ、結婚無理そうだなぁ…。」と思ってたら結婚線が下がってきたりするし、恋愛でも相手との関係性が悪くなってくると結婚線は下がってくるし。

だから結婚線が下がることなく真っ直ぐor上向きになる人なんていうのはほとんどいないのかなと。なのでまずい状態と書きつつも、そこまで重く考える必要はないです。

「あぁ、そういうものだよね。それが普通だよね。だからしっかり向き合うべきだよね。」

こんな感じで考えられる方が良いと思うので、1つの考え方の参考にしてみてください。

まとめ

 

結婚線が下向きに出ている意味を解説しました。

まとめると「結婚線が下向きに出ている、下がっている意味は手相的に見ればちょっとマイナス。何か思い当たることがあればその理由と向き合っているのがおすすめ。」ということ。

途中でも書いたんですけど、結婚線は下がっている人も多いし、下がってくることも多いです。

なので「下がっているからダメだ!」と考えるのではなく「じゃあ、どうしようか。」と考えるのが大事。特にパートナーがいるなら二人で話してみるのがおすすめ。

隠そうとしたり、目を背けようとするとより悪い方向に進む気がするので、それはおすすめしないですね。

ただ、実際にはそれが難しいことだとは理解してます。それができるなら悩まないし、それができないから悩むし、ストレス溜まるし、ストレス溜まると相手との関係性も悪くなりがちだし…と繋がってしまうのは容易に想像できるので。

まぁそれが付き合う難しさですよね。

それ以上は深く突っ込まないですけど、なんとなく気持ちは分かるので、だからこそ話し合ったり向き合ってみてほしいなと思います。

結婚線の見方を徹底解説!~当たる確率・年齢・注意点の情報あり~