結婚線

【恋愛運もわかる?】結婚線の見方を徹底解説|当たる確率・年齢・注意点の情報あり

手相の線の中で気になる人が多いとされているのが「結婚線」です。

この記事では結婚線の見方や注意点などを解説していきます。

是非とも参考にしてみてください。

結婚線とは?

結婚線は小指の付け根と感情線の間に出てくる線のことを言います。

意味は以下の通り。

  • 結婚運が高まる年齢
  • 結婚の可能性
  • モテ度・出会いの数
  • 恋愛・結婚に対する感情
  • カップルや夫婦間の関係性

結婚線という名前がついているものの、結婚に関することだけではなく、恋愛に関する情報も読み取れる線です。

結婚線が長い意味

結婚線が長い意味は「良い恋愛・結婚ができる」とされています。

基本的に、結婚線は短いよりも長い方が良いと言われているので、恋愛や結婚に関してプラスの意味を持ちます。

例)素敵な人に出会える、幸せな結婚ができる…など。

もちろんこれは手相的な意味なので、実際にどうかは分かりません。

結婚線が短い意味

結婚線が短い意味は「意味が弱くなるorマイナスの意味がある」とされています。

結婚線は長い方が良いとされているので、短い場合はマイナスの意味を持つと見ることが多いです。

例)恋愛はできるものの結婚まで踏み切れない、結婚のチャンスを逃す可能性あり…など。

ただし、結婚線が短くても徐々に長くなってくることもあるので、あまり心配することはないかなと。

結婚線が上向きの意味

結婚線が上向きに伸びている意味は「良い恋愛・結婚ができる」とされています。

結婚線は上向きに伸びるとプラスの意味を持つとされているので、結婚線としてはかなり良い状態。

例)パートナーとの関係性が上手くいっている。恋愛・結婚運が高まっている。幸せな結婚ができる…など。

ただし、結婚線が上向きに伸びるケースは稀なので「上向きになっていないからダメ…。」というわけではないです。そうなっていたらラッキーという感じ。

結婚線が下向きの意味

結婚線が下向きに伸びている意味は「恋愛や結婚に対して消極的・ネガティブな意味を持つ」とされています。

例)結婚に対してネガティブな感情を抱いている。パートナーとの関係性が上手くいっていない…など。

結婚線が下向きに伸びているのはあまり良い状態ではないです。独身なら結婚に対して「難しいかもなぁ…。」と考えていたり、既婚ならパートナーに対して不満があったり、ストレスを抱えている可能性があります。

結婚線が二股に枝分かれしている意味

結婚線が二股に枝分かれしている意味は「気持ちが離れてしまっている」と見ることができます。

例)パートナーに対する意識が変わってしまった、お互いのことを気にかける時間が減ってしまった…など。

結婚線が二股に枝分かれするということは、お互いの気持ちが少しずつ離れてしまっている可能性があります。最初はお互いを気にかけていたけど、仕事が忙しくなったり、趣味にハマっていたりなどで、当時の気持ちと比べると距離ができてしまっているかもしれません。

ただ、悪い意味だけではなく、適切な距離間が大事というメッセージでもあるので過度な心配は不要。

結婚線が二本ある意味

結婚線が二本ある意味は「結婚線のチャンスが二回ある」と見ることができます。

結婚線の本数は結婚のチャンス、大恋愛のチャンス、素敵な人に出会える回数を表しているので『二本ある≒二回結婚のチャンスがある』と言えます。

ただ、結婚線が二本あるから二回結婚するというわけではないので、ネガティブに捉えなくて大丈夫です。

結婚線が複数本ある意味

結婚線が複数本ある意味は「結婚より恋愛に向いているタイプ」と見ることができます。

結婚線が複数本ある場合、それだけ結婚のチャンスや出会いのチャンスに恵まれると考えられますけど、本人が「結婚より恋愛のが楽しい!」と思っている可能性があります。

良く言えばモテる。悪く言えば結婚するハードルが高い。

こんなイメージなので、人によってプラスにもマイナスにもなるかなと。

結婚線がない意味

結婚線がない意味は「結婚に対する意欲がない」と見ることができます。

結婚線がない場合、本人が結婚に対してあまりプラスに考えてないことが多かったりします。

例)結婚したら自分の時間が減ってしまう。好きなことが制限されてしまう。共同生活はめんどくさいと感じる…など。

どちらかと言えばネガティブに捉えることが多いので、結婚運は弱めになるし「結婚線がない≒結婚できない」と見るのもあながち間違いではないかなと。

結婚線にフィッシュが出ている意味

結婚線にフィッシュが出ている意味は「最高の恋愛・結婚ができる」とされています。

手相においてフィッシュは幸運の印。出ている線の意味に幸運が備わるイメージなので、結婚線に出ている場合は最高の恋愛・最高の結婚ができる可能性があります。

独身なら「この人、最高!」と思える人に出会えたり、既婚なら「やっぱりこの人最高!」と思えるような関係性になれたり…など考えられます。

フィッシュ自体滅多に出てこない上に、自分の意思で結婚線にフィッシュを出すことはできないので、もし出ているなら積極的に行動するのがおすすめ。

結婚線に島がある意味

結婚線に島がある意味は「恋愛や結婚に対して障害がある」と見ることができます。

手相において島は良いものではないです。出ている線の意味に対して大きな壁や不調を表すことが多いので、結婚線に出ている場合はマイナスの意味が出ている可能性があります。

例)独身であれば良い人に出会えない、付き合っている人との関係性が悪くなる、既婚であれば大喧嘩や逆に気持ちが冷めてしまう…など。

※結婚線に島があると別れや離婚をすると言われることがあります。そうなると決まっているわけではなくとも、その可能性自体は少し高くなってしまうので注意。

結婚線が左右同じ位置にある意味

結婚線が左右同じ位置にある意味は「結婚のチャンスがより強く出ている」と見ることができます。

手相は両手に同じ線があると意味が強まるとされています。結婚線も同じで、左右同じ位置に出ている場合は「その辺りの年齢が最も結婚に適している」と考えることができます。

例)左右どちらも30歳の位置に結婚線があるなら、30歳が最も結婚に適している…というイメージ。

その時期に付き合っている人と最高の関係性になれたりとか、その時期に「結婚したい!」と思える人に出会うとか、そういうのも考えられます。

もちろん、それは手相の話であって『現在の自分の気持ちや状況』は別の話。なので、必ずしも結婚線が示す年齢が最適とは言えないです。

※ちなみに、両手の結婚線の位置が同じ場合『相手と自分の相思相愛(のタイミング)』とも見ることがあります。

理想は”上向きで・長く・濃い一本”の結婚線

結婚線に関して言えば「上向きで・長く・濃い一本」が理想。

恋愛的な面で言えば、出会いの数が少ないとか、素敵な出会いの数が少ないと見ることがありますけど、そもそも結婚なので一人と最高の関係が築ければそれで良いわけです。

幸運を示すフィッシュを除けば、これが理想の結婚線ということになります。

結婚線は薄くなりがちですけど、稀に基本線(生命線や知能線など)と同じくらい濃く出てくる人がいます。濃さで言えばそれがベスト。

ちなみに長く、濃い一本の真っ直ぐな線であれば上向きでなくても良い状態です。

結婚線の見方【男性と女性】

結婚線は男性と女性で見方が違うと言われています。

結婚線は感情線と小指の付け根のちょうど真ん中が「30歳前後」という見方をしますけど、女性の場合は「28歳前後」とすることがあります。

男性よりも女性の方が結婚の年齢は若いことが多いので、この見方は1つの参考になるかなと。

感情線寄りに出ているなら「25歳くらいかな?」と見れるし、小指の付け根寄りに出てるなら「30歳以降かな?」と見れるので、大雑把な情報が分かれば十分かなと。

そこまで正確に知る意味も正直あんまりないと思うので。

結婚線の年齢が当たる確率は高い

 

個人的な見解として「結婚線の年齢が当たる確率は高い」と考えてます。

理由は以下の3つ。

  • 結婚線が示す年齢が25~35歳辺りであることが多い
  • 結婚線が二本ある人はどちらか一本が25~35歳辺りを示すことが多い
  • 実際に結婚をする年齢が25~35歳くらいであることが多い

一般的な人生観で言えば、高校卒業が18歳。大学へ進学したら卒業時に22歳。社会人として働き始めるのが23歳。そこから数年働いて25歳以降に「そろそろ結婚したいな!」と考える人が多いはず。

初婚の平均年齢が大体30歳くらいと言われています。

偶然にも結婚線が出てくる位置で多いのが「25~35歳辺り」なので、結果的に当たってるっぽくなるし、当たる人も結構多いかなと。

なので、個人的な見解として「結婚線の当たる確率は高いと思う!」というのがあります。

結婚線がないと結婚できない…は嘘

 

結婚線が結婚の回数を表しているから、結婚線がない人は結婚できない!と考える人は多いです。

ただ、これは完全に誤解。

なぜなら、世の中には結婚線がない人でも結婚する人がいるから。

そもそもの話、結婚線がない人は結構います。じゃあその人達は全員独身なのか?未婚なのか?と言われたら「そんなわけない!」と理解できるはず。

当然それは逆も言えることで、結婚線がある人でも独身の人、未婚の人だっているわけです。

つまり、結婚線がない≒結婚できないというわけではないし、結婚線がある≒結婚できるというわけではないということ。

結婚線がないことをネガティブに捉える人は多いですけど、実際のところそこまでネガティブになることはないので心配しなくて大丈夫。

結婚線がない人はどうするべき?

 

結婚願望が強いのに結婚線がない場合は、出会いの数を増やしてみるのが良いと思います。

そもそも、出会わないと結婚できないので「いろんな人に会ってみる!」というのは自分にとってプラスになることが多いはず。

願望だけがあっても実際の行動が伴っていないと結婚はできないわけなので、何か小さなことから行動してみるのがおすすめ。

ちなみに、結婚線は変化が激しい線なので、数カ月とかで出てくることもあります。出てくるから良いというわけでもないですけど、「ないからダメだ!」と考えるのは違うという話を一応書いておきます。

結婚線の年齢が過ぎたときどうするか?

 

結婚線の年齢を過ぎてしまったときどうするか?を解説します。

結論、もし自分が結婚したいと思うなら人一倍行動した方が良いです。

結婚線の年齢を過ぎてしまったということは、手相占い的に言えば「結婚線の運を逃した」という状態なので、結婚線の年齢が過ぎてない人より若干不利と言えます。

不利だから結婚できない!というわけではないので不安になることはないですけど、そもそも結婚すること自体『かなりの行動力がないといけないもの』だと思うので、出会いの回数などは1.5倍くらい増やしていく方が良いかなと。

例)人に紹介してもらうとか、趣味的なものから出会うとか、婚活パーティー的なものに参加するとか、いろいろ方法は考えられます。

意図的に結婚線の年齢をスルーしたわけじゃないなら、おそらく結婚に対する行動量が足りてなかったという可能性があります。

当然、そのままでいても結婚相手は現れないし、結婚できる可能性は低くなってしまうので、それは注意。

また、結婚線の年齢が過ぎたということは、多くの場合、結婚適齢期から少しずつ遠ざかっていくということだと思うので、リアルな話で考えても『結婚したいなら今まで以上に行動した方が良い』という結論になります。

なので、自分のできそうなことから出会いのチャンスを作ってみるのが良いかなと。

結婚線は当てにならないのか?

 

大前提として『当てにするものではない』というのがあります。

結婚線は名前の影響もあり他の線と違う印象を抱きがちだし、他の線以上に強い関心を持つ人が多いです。

手相鑑定でも恋愛・結婚の話を聞きたい人が多いので、そもそも論として「当てにするものではない!」というのは強く伝えておきたいですね。

当然、結婚線の出ている位置で結婚すると決まっているわけじゃないし、結婚線が示す年齢に関わらず結婚したりしなかったりということが普通にあります。

なので、結婚線が当てにならない!というのは半分正しくて、半分間違ってます。

正しくは「参考にするものである!」ということを一応伝えておきます。

※ただ、気持ちはめちゃめちゃ分かります。少しでも結婚したいと思う人からすると、結婚線が気になるだろうし、特に女性であれば占い自体にも興味がある人が多いと思うので。

結婚線の年齢が晩婚型で「嫌だ!」と思う人へ

 

結婚線の年齢が晩婚型と出てくると「嫌だ!」と感じる人は多い印象。

確かに結婚が遅くなることに対してプラスを感じる人はあんまりいないと思います。

もし自分の結婚線が晩婚型と出ていて、それを嫌だと感じているならとにかく行動した方が良いです。

大前提として何も行動しなければ結婚できる可能性は低くなるし、待っているだけではどんどん晩婚になってしまうので「晩婚が嫌だ!」ということであればとにかく行動するのがおすすめ。

結婚線が示す年齢よりも自分が結婚したいと思うタイミングを重視した方が良いと思うし、わざわざ結婚線が示す年齢まで待つ意味はあんまりないかなと。

それを一応のアドバイスとして書いておきます。

晩婚型は良いことかもしれない

 

基本的に結婚線の年齢より自分が結婚したいタイミングが良い!と思ってますけど、私の場合は結婚線が晩婚型であって良かったなと思うこともあります。

その理由は自分が早婚であったらきっとマイナスだったと思うから。

子供の頃、いつか結婚したいと考えたことがあるものの、若くして結婚したいと思ったことはほとんどないです。

仕事を頑張りたかったし、お金もたくさん欲しかったし、恋愛もしたかったし、一人の時間・友達との時間も欲しかったので、若くして結婚したいと思った記憶はほとんどないんですね。

そんな私の結婚線は見事に晩婚寄りなわけですけど、むしろそれで良かったなと。

手相占い的に言えば『自分が結婚したいと思うタイミングと結婚運が高まってくるであろう年齢が一致している』という感じなので、個人的には好都合でした。

なので、晩婚型が嫌!という人は「晩婚は嫌というものの、今の時点~数年以内に結婚してたら本当に良い人生を送れていたのか?送れているのか?」ってちょっと考えてみるのもあり。

それでもし「本当に晩婚が嫌!」ということであれば、とにかく行動した方が良いかなと。

逆に「…そう考えると意外と晩婚も悪くないかも?」と思えれば、独身の時間をもっと充実させて楽しむのも良いと思います。

私の場合は、結婚線が晩婚でも良かったと思えたし、いろんなことを踏まえても「そうだろうなぁ…。」となったので、悪い気はあんまりしなかったです。

【重要】結婚線に関する考え方と行動

 

結婚線に関する重要な話を書いておきます。

いきなり結論ですけど『そもそも行動が足りないと結婚できない』ということ。

例えば会社員として働いているなら、平日の出会いはかなり少ない人が多いはず。(いろんな人と出会う仕事は別ですけど)

土日が休みだったとしても、自宅で休んだり、買い物したりすれば二日なんてすぐに終わっていきます。

つまり、ほとんどの人に言えることは『そもそも出会いの数が足りてなさ過ぎる』ということ。

結婚相手を探すということは、一生のパートナーを探すということでもあるわけなので「少しの出会いから結婚相手を見つける」というのは個人的に勿体ないなと思います。

10人しか出会わないより、100人に出会った方が良い人に巡り会える可能性は高くなるわけで。だったら、後者の方が良いと思うわけで、それなら「なるべくいろんな人に出会う方が良い」と思えるわけで。

人によってどう考えるか?というのは違うのでなんとも言えないですけど、結婚線が示す本当の意味を「出会い」によって確かめるというのは結構アリな考えだと思ってます。

もちろん、とにかく出会えば良いということではないので難しいですけどね。

ただ、出会わなさ過ぎることが良いとは思えないし、多くの人は出会いの数が足りてないと思うので、そこら辺の意識は変えていった方が良いかなと。

結婚線がどうなっているか?というのはあくまでも参考。

結婚線がどれだけ良かったとしても、そもそもの行動力(≒出会いの数)が足りてないと理想の結婚は難しいと思うので、そこだけは強く意識しておきましょう。

最終的に「結婚線が当たらなかった!」という結果だけ得ても、基本的には得はしないので。

出会いが本当に大事である理由

 

上にもチラッと書いたように、出会いは本当に大事。

常識的に考えれば、結婚相手は今まで出会ったことがある人の中から、です。もっと言うと、最低でも友達以上の関係から、が基本です。

これは言い換えると、そもそも出会えていないなら結婚できないということ。

いろんな人の話を聞くと「あぁ…出会いの数が足りていないんだろうなぁ…。」と思うことが結構あります。

いろんな人に出会った上で「良い人がいないんです…。」というならアドバイスも変わりますけど、そもそも出会いの数が少ないなら「出会いを増やした方が良いです。」としか言えないんですよね。

今知り合っている人の中から結婚相手を探しましょう!なんて言うわけなくて、やっぱり答えは新しい出会いの中にあると思ってます。(基本的には)

もし自分の中で「良い結婚がしたい!」と思うなら、まずやるべきことは出会いを増やすこと!と覚えておきましょう。

ほとんどの人は「良い結婚がしたい!」というわりに、その結果を得るだけの行動が足りてない状態なので、積極的にいろんな人と出会う方が良いと思います。

出会いを増やす前には自分磨きをするのがおすすめ。自分に自信がないと出会いに対してネガティブ思考になったりするので、自分磨きを少しずつでも始めてみてください。

【おまけ】最高の結婚相手に出会うために…

 

結婚線絡みの話で、最後に1つ伝えたいことを書いておきます。

個人的な意見として「最高の結婚相手に出会うために、やるべきことはやる!」というのがあります。

普通に過ごしてて「最高!!」と思える人と出会うことは難しいと思ってるし、その人と結婚するというのはなおさら難しいと思ってます。というか無理だと思ってます。

なので、その可能性を1%でも上げるためにやるべきことはやる方が良いかなと。

結婚線はあくまでも占いの話であって、人の結婚を決定づけるものではないです。それは良い意味でも悪い意味でも。

めちゃめちゃ良い結婚線が出ていても、ほとんど誰にも会わずに生活してたら当然婚期は逃すし、現実的なことを言ったら結婚なんてできません。

自分が何もしなくても運命の人から出会いに来てくれる…なんてこともないです。

現実的に厳しい状況になってから「あぁ、あの時もっと人に出会っていればなぁ…。もっと勇気出してコミュニケーション取っておけば良かったなぁ…。」とか後悔するのは嫌ですよね。

だからこそ、今できることはとにかくやるべきかなと。

その中でのおすすめとして、自分磨きをすること、いろんな人に出会うことというのがあります。

もし今回の話で何か響くものがあれば、今からでも行動してみてください。

まとめ

 

結婚線について解説してみました。

結婚に関する線なので、気になる人は多いですけど「結婚したいと思うなら積極的な行動が重要」というのは結論としてあります。

特に結婚線で言えば「自分ではなく相手からやってくるもの」と考えがちだし、それでチャンス自体を逃してる人はおそらく多いはず。

結婚線が当たらないという人の多くはこうなってる可能性が高いです。

それだと勿体ないので、今より少しだけ出会いの数を増やしてみるという意識は大事かなと。

10人の中から結婚相手を探すより、100人の中から結婚相手を探す方が自分の理想の人と出会える可能性は上がる…と考えておく方が良いと思うので、是非ともその意識で行動してみてください。

もし結婚や恋愛に少しばかり余裕があるなら、結婚線を参考にしてみるのは良いと思います。

「あぁ、結婚線が真ん中辺りに出てるから、30歳前くらいで出会いを増やしてみようかな?」程度の理解でいるのが一番良いはず。

とにかく大事なのは行動である!ということを最後に書いておきます。