結婚線

結婚線の当たる確率が高いと思う3つの理由

手相占いに興味がある人は特に恋愛や結婚について知りたい人が多いです。

今回の記事では「結婚線の当たる確率」について解説します。

絶対にこう!というわけではないものの、手相占いをしている私が「あぁ、なるほど。」と思うことなので、良い意味でも悪い意味でも1つの参考程度に理解してください。

結婚線の当たる確率が高いと思う3つの理由

 

私は結婚線の当たる確率は高いと思ってます。

その理由は主に3つ。

  • 結婚線が示す年齢が25~35歳辺りであることが多い
  • 結婚線が二本ある人はどちらか一本が25~35歳辺りを示すことが多い
  • 実際に結婚をする年齢が25~35歳くらいであることが多い

それぞれ解説します。

結婚線が示す年齢が25~35歳辺りであることが多い

 

結婚線は人によって出る位置が違うものの、25~35歳辺りに出てくることが多いです。

私が結婚線は当たる確率が高いと思う一番の理由がこれ。

一般的な結婚観で考えると、男女共に25~35歳の間に結婚したいと思う人が多いと思います。結婚適齢期なんて言葉があるくらいなので。

つまり、結婚線が出てくる位置と実際に結婚したいと思う年齢と実際に結婚する年齢が偶然にも一致してしまうということ。

だから結果的に『当たってるっぽくなる』ということですね。

結婚線が二本ある人はどちらか一本が25~35歳辺りを示すことが多い

 

結婚線は二本ある人が多いと言われています。

そして結婚線が二本ある場合、どちらか一本が25~35歳辺りを示す可能性が高いです。

例)一本は40歳辺りを示しているが、もう一本が25~35歳辺りを示している…みたいな。

結婚線が近い位置に二本出てくるケースもありますけど、多くは少し離れているので、結果的にどちらか一方が当たるように感じます。

もちろん二本あるわけなので、一本の人よりも当たってるっぽくなります。

結婚を意識する年齢が25~35歳くらいであることが多い

 

上にも書いたように、結婚を意識する年齢は男女共に25~35歳くらいであることが多いです。

個人的な見解では、結婚線は真ん中辺り(30歳前後)に出てくることが多いので、これも当たる確率が高いと言える理由です。

これが偶然なのか?というのは分からないですけど、冷静に考えてみると「あぁ、ちょっと不思議だなぁ…。」と思います。

自分が「○○歳くらいで結婚したいなぁ…。」と思うからその位置に結婚線が出てくるというわけでもなく、結婚が示す年齢辺りで自分が「結婚したいなぁ…。」と思うわけでもないので。

それなのに何故か結婚線の年齢が当たってしまうのは、個人的にちょっと気になるポイントではあります。…まぁ人によるんですけどね。

結婚線を当てる気がありますか?

 

「結婚線の当たる確率が…。」というのが気になる人がいるのは分かります。

ただ、冷静になって考えてほしいんですけど、自分はそれを当てる気がありますか?

結婚線に限らず、他の手相は「自分が何か行動するから何かの意味を持つ」わけです。言い換えると、良い線があるのに何もしなければ特に何も起こらないのが普通ということ。

結婚線の当たる確率がどうこう考える前に、自分が本気でそれを当てたいと思うか?その為の行動ができるか?というのは考えておくべきかなと。

おそらく多くの人は当てる気がないか、そこまで考えてないと思います。

所詮手相なので別に良いんですけど、信憑性とかについて考えるものの、行動が伴わないのはちょっと勿体ないなと思うので、それだけは頭の片隅にでも置いておきましょう。

結婚線が当たる確率と努力の関係性

 

私は結婚線が当たる確率は高いと思ってますけど、この話に当てはまる人は少ないと思ってます。

なぜなら、結婚線が当たると言えるためには自分も相応の努力をしないといけないから。

言い換えると『結婚のための努力はする前提』ということ。

おそらく結婚線について興味がある人は「あぁ、結婚線が示す年齢辺りで素敵な人と出会えるんだな。」みたいに思ってるはず。しかもそれは自分からではなく相手から、もしくは運命的な出会いみたいなのを想定してるはず。

つまり、自分の努力を想定してないだろうということ。

これはホントあるあるなんですけど、あまりにも自分の努力が少なすぎるんですよね。結婚したいと思ってるのに何もしてないとか、付き合いたいのに告白しないで待ってるとか。

結婚するための努力が伴っていないなら、当たる確率が高いと言える結婚線でも普通に外れます。そして外れて良いことはあんまりないです。

自分が努力する前提なら結婚線の当たる確率は高いと思うし、努力が伴っていないなら結婚線は当たらないということですね。

その前提を踏まえたとするなら、個人的には「結婚線は当たる確率が高いのでは?」と思うという話です。

【番外編】鑑定してて気付いたこと

 

手相の鑑定をしてて気づいたことがあります。

それは努力不足と自己肯定感の低さが勿体ないということ。

とある女性を占ったときに恋愛の話もしたんですけど、そのとき思ったのは努力不足と自己肯定感の低さがあまりにも勿体なかったということでした。

私から見てその人は凄く素敵で「何一つ悩むことなんてないだろう。」と思ってたのに、本人からするといろいろ思うことがあったみたいです。

そのとき私は「あぁ、なるほど…。」と思ったわけです。

これは結婚線と結婚の話じゃないんですけど、上に書いた当たる確率と努力の関係について少し被る部分はあるかなと。

悩みが吹き飛ぶくらいの努力とポジティブ思考になれるくらいの努力はした方が良いし、それができる自分をしっかり認めてあげた方がいいし、そうじゃないと本人が損するというか、素敵なものを持ってるのにそれを上手く伝えられないのは勿体ないなと思いました。

まぁ余談なんですけど、きっと何かを感じる人はいるはずなので、一応その話を書いておきます。

もちろん人によって何を重要視するのか?は分からないし、だからこそ「これ!」と一概には言えないんですけどね。

【おまけ】そもそも結婚線を意識して生活してる人はほとんどいない

 

最後におまけの話。

手相占いに興味がある人であれば結婚線を気にすることがありますけど、世の中の人のほとんどはそんなこと気にしてません。

つまり、結婚線の当たる確率が高いか?とかそういう話は無視しても構わないということ。

手相鑑定で結婚線を見ても、その人が普段からちゃんと結婚のことを考えていて、その為に必要な行動をしっかりやっているかどうか?なんていうのは分かりません。

でも、おそらくやってないと思います。もしくはやっていたとしても努力が足りていないと思います。

別にそれは悪いことじゃないし本人の自由ですけど『適齢期になって急に焦りだす→占いに頼る』というパターンもきっと多いので、現実的な話として、結婚のことを考えて行動しておくのが大事かなと。

そこを重要視できるあなたであれば、結婚線の当たる確率なんて話はきっとどうでも良くなるはずだし、スルーしても問題ないな!と思えるはず。

ちなみに私は結婚線を気にしてますけど、なんかいろいろ察してしまったので「あぁ、なるほど(??)」という感じになってます。その話は別の記事で書いてるのでよければチェックしてみてください。

結婚線の年齢は当たるのか?当たらないのか?を解説してみた

まとめ

 

この記事の結論は「結婚線の当たる確率は高いと思っている」というもの。

その理由は主に3つ。

  • 結婚線が示す年齢が25~35歳辺りであることが多いから
  • 結婚線が二本ある人はどちらか一本が25~35歳辺りを示すことが多いから
  • 実際に結婚をする年齢が25~35歳くらいであることが多いから

もちろん当てはまらない人もいるし、他の人がそうだったから自分もそうだろう!なんてことはないわけなので、正直忘れてもらっても大丈夫。

それより本当に伝えたいのは『結婚したいならやるべきことをしっかりやる』ということ。

占いをやっている側からすると努力不足を感じる人は多いし、複雑な気持ちを抱えて上手く行動できてない人もいるんだろうなと感じます。

さすがに心の中までは読めないので何を考えているか?は分からないですけど、そのままでいた方が良いなんてアドバイスは基本的にしません。

特に結婚は人生を変えるほどの一大イベントだし、天国にも地獄にもなると思います。

なので、占いのことを考えすぎるのはあんまり良くないかなと。当たる確率なんて誰も分からないし、むしろ自分次第みたいなところがあるので。

まぁ占いをやっている私が言うのもおかしな話ですけどね。

結婚線の見方を徹底解説!~当たる確率・年齢・注意点の情報あり~

結婚線の年齢は当たるのか?当たらないのか?を解説してみた