結婚線

結婚線に島がある意味を深掘り解説|浮気や不倫の可能性がある?

稀に結婚線に島と呼ばれる線が出てくることがあります。

今回は結婚に島がある意味について解説します。

手相的には無い方がいい線なので、ない人はそのままでOK。もしあったら「あぁ、ちょっと注意しよう。」と意識してみてください。

結婚線に島がある意味

結婚線に島がある意味は以下の通り。

  • 浮気の可能性がある
  • 不倫の可能性がある
  • 恋愛や結婚で何かしらのトラブルが起こる可能性がある

手相において島は『マイナスの意味』を持つとされています。

結婚線は恋愛や結婚に関わる線なので、そこに島があるということは恋愛や結婚に対してマイナスの意味を持つことが考えられます。

やっかいなのはわりと直接的なケースが多いという点。

似たような状況に結婚線が下降する場合もあるんですけど、それよりもリアルというか「あぁ、これは…。」となるかもしれないです。

具体的には浮気・不倫それによる別れ(離婚)、大ゲンカ、もしくは両親に結婚を強く反対される…などいろいろ考えられます。

ただ、これはあくまでも手相的な意味なので「そうなることが確定している!」というわけじゃないのでそこまで深く心配することはないです。

結婚線に島がある人はどうすればいい?

 

結婚線に島がある人はどうすればいいのか?と疑問に思いますよね。

私からのアドバイスとしては主に2つ。

  • 思い当たることがあるならやめる
  • 思い当たることがないなら気をつける

それぞれ軽く解説します。

思い当たることがあるならやめる

 

結婚線に島が出てくるケースは『自分の行動が』という場合も当然あります。

つまり、自分がトラブルになりそうなことをやってしまっているから、結婚線に島が出てくることがあるということ。

思い当たることがあるならそれはやめた方が良いです。

現実的にも占い的にも浮気、不倫、(パートナーがいる状態での他の異性との)曖昧な関係とかそういうのは基本マイナスにしかならないので、良くないことであるという自覚があるならやめるように努めましょう。

思い当たることがないなら気をつける

 

これは結婚線の島が先に出てくるパターン。

自分には特に思い当たることがなくても、島が出てくるということは『予兆的な意味』が含まれるのでそこをちょっと気をつけるべきかなと。

例)異性からアプローチされたときしっかり断るとか。異性からアプローチされそうな場所にはなるべく行かないとか。パートナーがいるならしっかりコミュニケーションを取るとか。

ただ、自分ではどうしようもないこともあるので「とりあえず、気をつけておこう。そしてできることはやっておこう。」という意識でいれば大丈夫。

そして当然、そうなることが確定しているわけじゃないので必要以上に不安になることはないです。

まとめ

 

結婚線に島がある意味について解説しました。

まとめると「結婚線の島は喧嘩、浮気、不倫、など良い意味がほとんどないので、もし島が出ているようなら注意した方が良い。」ということ。

他の線に出てくる島もマイナスの意味を持つんですけど、大体「自分問題」だったりするんですね。だから解決策の大部分は自分が握っていることが多いです。

ただ、結婚線は恋愛と結婚に関わるので、自分以外の人が関わってくる可能性が高いです。

そこが難しいところなんですけど、トラブルになりそうな原因を自分が抱えているという自覚があるならそこだけ直した方が良いですね。

…ホントに良いことないので。

まぁ若干キツめな言葉を使ってますけど、あくまでも手相的な話ということを最後に改めて書いておきます。

そうなることが確定しているわけじゃないし、島が出てくる理由が完全に分かっているわけでもないし、そもそも本当に島なのか?という問題もあるので、必要以上に不安に思うことはないです。(何度も書いてますけどね)

「あぁ、なるほど。手相には島というものがあって、それがあるとちょっとマイナスの意味を持つんだな。じゃあちょっと気をつけようかな。」

こんな感じで思ってもらえたら良いかなと。

結婚線の見方を徹底解説!~当たる確率・年齢・注意点の情報あり~