結婚線

結婚線が長い意味を深掘り解説|恋愛・結婚運が良い状態?

結婚線は人によって長さが違います。

今回は結婚線が長い意味を深掘り解説してみました。

もしあなたの結婚線が長く出ている場合は参考になるかもしれないので、良ければチェックしてみてください。

結婚線が長い意味は「恋愛・結婚運が強い」状態

 

結婚線が小指の横幅1/2より長く出ている場合を『結婚線が長い』とすることが多いです。

結婚線が長い意味は大まかに以下の通り。

  • 恋愛運が強い
  • 結婚運が強い
  • 素敵な人と出会える可能性が高い
  • 素敵な人と結婚できる可能性が高い
  • 本人が「幸せ!」と感じる恋愛・結婚ができる可能性が高い
  • その他

手相では基本的に結婚線が長いと『プラスの意味』を持つので、かなり良い線だと言われています。

イメージとしては「結婚線が長いなら、恋愛運や結婚運が人よりも強めなんだろうな。」と捉えておけばOK。

もちろん、あくまでも手相的な意味であって、本人の行動次第で話は変わってきます。

結婚線が太陽線とぶつかると「玉の輿」と呼ばれる線になる

結婚線がかなり長くかつ、太陽線(金運線)とぶつかる場合、結婚後にお金持ちになるor結婚後幸せを強く感じる結婚になるという可能性が高いです。

これを手相では『玉の輿(線)』と呼ぶみたいです。

太陽線はお金や成功などを意味している場所なので、それに「プラスの結婚の意味」が合わさる感じですね。

さすがに珍しく滅多に見られないですけど、もし玉の輿線が出ていたら「おお!」と思える状態だし、積極的に恋愛・結婚に動いてみるのがおすすめ。※本人が望まないならスルーでOK。

結婚線が長い=良い意味とは限らない

結婚線が長い場合は基本的に良い意味を持ちますけど、必ずしも長い=良い意味とは言えません。

その代表例が『結婚が下がっている状態』です。

結婚線が長く下に伸びている状態は手相的には『注意すべき状態』なので、プラスの意味を持つのは『真っ直ぐ伸びている』or『上がっている』の2パターンになります。

結婚線を長くする方法はあるの?

 

結論、これはほぼないです。

手相は自分の想いが手に線として現れるので「○○線!出てこい!!」と思えば、出てくることがあります。

ただ、結婚線は自分の意志で変化を与えるのは難しいです。(個人的意見)

「結婚線!伸びろ!」と強く願っていても線はおそらく伸びないし、伸びたとしてもちょっとくらいだと思います。

数少ないできることとしては「とにかくいろんな人に出会うこと」かなと。

いろんな人に出会うことで恋愛運や結婚運がちょっとずつ高まり、あるとき「お?」と分かるようなレベルで結婚線が伸びることがあります。

私は「手相はレーダー的/運の探知機」のような役割があると思ってるので、いろんな人に出会ったときの結婚線の変化を追えば、自分にとって「素敵!」と思える人がなんとなく分かると思ってます。

実際のところそんな役割があるわけじゃないので、意味ないと言えば意味ないですけど「結婚線を伸ばしたい!長い方が良い!」と思うなら、いろんな人に出会ってみるのはおすすめ。

結婚線が長いならとにかく行動するべき

 

結婚線が長いというのは普通に良い状態です。

ゲームで例えるならパワーアップアイテムを常に持っているようなイメージ。

手相や他の占いに興味がある人なら「これは!」とプラスに捉えた方がいい線です。

なので、私からは「とにかく行動するのがおすすめ!」とアドバイスしておきます。

やっぱり良い線は行動しないと意味がほぼないんですよね。それこそ結婚線が長くても、出会おうとしなかったり、積極性に欠けるとその効果を実感する機会はほぼ来ません。

もちろん、結婚線が長くて積極的に行動したとしても、良い結果が保証されてるわけじゃないですけど「…だったら行動しなくて良いじゃん。」ということにはあんまりなりません。

あなたが何をどう考えるか?なんていうのは分からないので、私としては「とりあえず行動しておくのが良いと思う。」と伝えておきます。

実際にどうするか?は各自で判断してみてください。

ちなみに、恋愛や結婚に興味がないとか「別にどうでもいい。」と考えるなら、全然スルーしても問題ないです。

一応、手相的には良い状態ということを頭の片隅にでも入れておいてもらえれば「気が変わった!」というときにちょっとプラスになるかと思うので。

まとめ

 

結婚線が長い意味を深掘り解説してみました。

まとめると「結婚線が長いのは基本的に良い意味だから、恋愛や結婚に対して積極的になる方が良い。個人的には出会いを増やす努力をするのがおすすめ。」ということ。

最後に書くことじゃないんですけど、結婚線が長い≒プラスの意味というのはあくまでも手相の話です。

大事なのはリアルであって現実です。

そして、おそらくこの話を信じて行動しても「ん~。」となる結果しか得られないと思います。というか人によっては微妙な出会いだったり、告白してもフラれるなんてことが普通に起こります。

そのとき「なんだ、ウソじゃん。」と思うのは簡単。

でも、そのときもう少し深堀ってみるのも個人的には面白いかなと。

10人と出会って「良い出会いだった!」と感じれなかったなら20人と出会ってみるとか。「個人的には普通」と思ってる人とあえて付き合ってみるとか。

他の占い的に「タイミングが良くなかった!」ということもあり得るので、その行動自体がマイナスだったと言える機会はそんなに多くないかなと。

自分の中で「出会いのライン≒最終的に出会う人数」を大まかに決めておきつつ、無理のない範囲で再度行動してみるとか、結果が出るまで行動してみるとかも良いかなって思います。

まぁもちろん、本人がどうしたいか?が一番大事だし「絶対こうすべき!」という話じゃないんですけどね。一応の話として覚えておいてください。

結婚線の見方を徹底解説!~当たる確率・年齢・注意点の情報あり~